産後の尾てい骨痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の尾てい骨の痛み・・原因は筋肉の緊張です。

お尻の割れ目の上部分に、触ると出っ張っている骨があるのが分かると思います。

これが尾てい骨(尾骨)です。脊椎(背骨)の一番先端にある、とても細い骨です。

 

触って分かる部分にあるということは、外からの衝撃や負担などを受けやすく、安易に曲がったり歪んだりします。尻モチで強打したり、打撲などの衝撃が繰り返されると、ヒビ・骨折なんてことも少なくありません。小さい割に、痛みがあると、寝返りが打てない、歩くのが困難、座ることが出来ないなど、生活に支障をきたすことがある、厄介な骨です・・。

 

産後、尾てい骨の痛みを感じる方は少なくありません。尾骨は骨盤の骨の1つなので、妊娠・出産によって骨盤が大きく開くこと・産後の骨盤が不安定なことなどが、産後の尾てい骨痛の大きな要因と言われています。

 

 

骨盤が開く・不安定だと、どうして尾てい骨に痛みが起こるのでしょうか?

 

それは、尾骨周辺の筋肉の緊張が原因と言えます。

筋肉の緊張とは、筋肉収縮の張力のことで、筋肉が緊張=強ばった状態になります。

妊娠すると、骨盤を広げるために、靭帯を緩めるホルモンが多く分泌されます。産後、ホルモンは減少していきますが、靭帯は緩んだままです。そのため、骨盤も尾てい骨も不安定な状態となります。それを支える周囲の筋肉は、緊張で強ばってしまいます。

 

産後は筋力が低下しているため、緊張が高まり、筋肉が固まってしまいます。筋肉の緊張が続くと、血管を圧迫してしまい、筋組織が酸欠となります。これにより、痛みやコリを起こしてしまいます。また、出産によって尾てい骨が歪むと、周囲の筋肉の負担が大きくなり、痛みを起こします。

 

 

産後の尾てい骨痛、改善するには?

出産による骨盤の変化が、産後の尾てい骨痛の原因とされます。骨盤がゆがみを起こすことで、骨盤の一部でもある尾てい骨にも歪みが生じ、痛みを起こすことになります。

痛みを改善するには、骨盤の歪みを改善する必要があります。

 

ただ、尾てい骨が曲がっている場合は、骨盤を正しい位置に戻しても、痛みが改善しない場合があります。では、どうしたラいいのでしょうか・・実は、痛みの根本原因は、骨の歪みを支えることで周囲の筋肉が緊張したことにあります。

 

筋肉は緊張すると強張り、疲労が蓄積されてコリや痛みを起こします。尾てい骨の痛みを改善するには、骨盤の歪みを整えるとともに、骨盤周囲の筋肉を柔軟にして、バランスよく保つことが大切です。