産後の尾てい骨痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の尾てい骨痛は、何が原因??

産後、腰痛に悩む方は少なくありません。それと同時に、腰の下部、お尻の上部分の尾てい骨(尾骨)周辺に痛みを起こす事もあります。

尾てい骨は、背骨の最先端にある細く尖った骨で、骨盤の仙骨に繋がっています。そのため、産後の尾てい骨痛は、出産や産後に起こる骨盤の動きに関係していると考えられ、骨盤が整えば、痛みは改善すると言えます。

 

産後の尾てい骨痛は、どこで治せばいいのか・・

お尻を強打した、外傷を受けたなど、何らかの衝撃が原因で、尾てい骨に痛みを感じる場合は、骨や筋組織の損傷が考えられますが、産後の場合は、これといって思い当たる原因がないので、どうしたらいいのか悩んでしまうと思います。産後の不調なので、産婦人科で受診することがいいと思いますが、多くの場合は、「しばらくすれば治ります」と、鎮痛剤などの薬の対応で終わってしいます。また、整形外科などで検査を行っても、骨に異常がなければ、原因が分からないとされ、結果、処置的治療で終わることも少なくありません。

 

薬を服用によって、症状は改善されますが、しばらくすると、痛みを繰り返してしまうこともあります。これでは、一時的な改善でしかありません。根本的な痛みの原因を理解して、治療していくことが、正しい改善方法と言えます。骨に異常がないのなら、原因は、周囲の筋肉です。となれば、カラダを整える整体院や接骨院での治療が適切かもしれません。

 

尾てい骨の痛みは、骨盤の歪みと筋肉の緊張が原因です!

産後に尾てい骨の痛みを起こすのは、骨盤の歪みと関係しています。出産で大きくなった骨盤は、産後3~4ヶ月で締るため、それまでは、不安定な状態です。たとえ締まったとしても、正しく締まらずに、ズレや傾きなどの不具合が生じることがあります。これが、「骨盤の歪み」です。骨盤の歪みとなる原因は、骨盤の仙骨と寛骨をつなぐ「仙腸関節」に不具合です。仙腸関節は、前後左右に数ミリの可動域があり、カラダの衝撃や重みを負担を逃がす機能があります。歪みによって、この機能が悪くなれば、上体の重みや衝撃が、腰や尾てい骨周辺位に重くのしかかることになります。となれば、重みを支える筋肉に大きな負担がかかり、痛みを起こすことになるという訳です。

 

筋肉は、使いすぎても使われなくても、緊張(収縮)で硬くなってしまいます。筋肉の緊張が続くと、血管やリンパ菅を圧迫してしまうため、回復に必要な栄養や酸素が不足してしまいます。結果、疲労の蓄積で正常な働きが出来なくなる=筋肉のコリや痛みとなります。

産後の尾てい骨痛は、骨盤の歪みと筋肉の働きを整えることで、改善出来ます。そのため、整体院や接骨院などでの治療が、改善の近道になると言えます。