産後の尾てい骨痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後に尾てい骨が痛い・・原因はなに?

尾てい骨(尾骨)は、背骨の一番下にある尖った骨で、お尻の割れ目の上ほどにあります。

しっぽが退化した跡とも言われる骨で、かなり細いため、簡単に曲がってしまいます。

 

尾てい骨は、骨盤を構成する骨の1つなので、妊娠や出産、産後に骨盤が大きく変化することで、何かしらの影響をうけて、痛みを起こすことがあります。

産後に、尾てい骨の痛みや違和感がある方は、骨盤の動きに関係していると言えます。

 

妊娠・出産で骨盤が開くことで、尾てい骨周辺の筋肉が緊張(収縮)したり、尾てい骨が歪むなどで、痛みを起こします

産後、開いた骨盤は3~4ヶ月で閉じていきますが、骨盤が不安定・歪みを起こしたなど、骨盤の状態に大きく関係しています。

痛みを改善するには、骨盤を整える必要があります。痛みがあまりにひどい場合は、骨折なども考えられるので、病院で診察を受けるようにしましょう。

 

 

痛くて座れない・・産後の尾てい骨痛

尾てい骨(尾骨)とは、骨盤の中心となる仙骨に続く先端にある骨で、尖った形をしています。とても細い骨なので、衝撃や負担によって、安易に歪んだり曲がったりします。

尾てい骨に痛みがあると、寝返りが打てない・柔らかい所にしか座れない・歩くと痛みが響くなど、生活に支障をきたすことが多いようです。お尻を強打したり、打撲したりなど直接的な衝撃で痛みを起こすことが多いですが、産後に痛みを感じる方も少なくありません。

 

産後に痛みを起こす原因は、骨盤の開閉に関係していると言えます。

骨盤を構成する骨は3つ・・仙骨、寛骨(腸骨・恥骨・坐骨の総称)、尾骨です。

 

尾てい骨は骨盤の骨の1つなのです。そのため、妊娠や出産で骨盤が大きく開けば、尾てい骨にも影響します。

産後は、骨盤が不安定な状態のため、尾てい骨にかかる負担が増えてしまいます。そのため、周囲の筋肉や靭帯の強張りや、尾てい骨の歪みを起こして、痛みが現れることになります。

 

妊娠、出産、産後は、大きなお腹による負担や、変化したカラダが元の状態(妊娠前のカラダ)に戻る負担などにより、カラダにさまざまな不調を起こします。

そのため、多くは、カラダの回復に伴い改善していくことになりますが、尾てい骨痛の場合は、痛みの原因が、骨折やヒビということもあります。我慢出来ないほどの痛みや、痛みが改善しないで長引く場合は、迷わずに専門医を受診するようにしましょう。