産後の股関節痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

妊娠中の股関節痛と、産後の股関節痛は違う?!

妊娠・出産・産後は、カラダが変化に伴い、様々な痛みや不調を起こすことがあります。

妊娠中や産後に、股関節痛に悩む方は少なくありません。妊娠での痛みが回復できず、産後にも痛みを起こすこともありますが、それぞれに違った原因もあります。まずは、痛みの原因を理解しましょう。

原因を理解すれば、股関節痛の改善・予防につながります。

 

妊娠中に起こる、股関節の痛みの原因

 

★姿勢による筋肉の疲労

妊娠中、お腹が大きくなるにつれて、カラダの重心も前方に向かってしまいます。そのままでは、カラダは前に倒れてしまうため、自然と腰を反らして、上体を後方にすることでバランスを保っています。この姿勢により、股関節と繋がる腸腰筋(ちょうようきん)に負担がかかり、股関節痛となることがあります。

 

★歩き方の変化

お腹が出てくると、歩き方も変わってきますので、足の重心が傾きます。そのため、股関節のズレや炎症を起こしやすく、痛みが現れることがあります。

 

★ホルモンの分泌

妊娠中は、靭帯を柔らかくするホルモンが多く分泌されていますので、股関節周囲の筋肉や靭帯が緩み、お腹の重みなどで圧迫を受けると、痛みを感じることもあります。

 

 

産後に起こる、股間節の痛みの原因

 

★筋力の低下と姿勢の悪さ

妊娠中は、大きなお腹をかかえているため、運動を制限されるとともに、動きもゆっくりとなります。そのため、カラダ全体の筋力が低下しています。そのため、筋肉が疲労しやすい状態です。赤ちゃんを抱っこしたり、授乳時の座り方などで、股関節に負担がかかると、疲労が蓄積されて、痛みを起こすことになります。

 

★骨盤の開き

出産時に大きく開いた骨盤は、産後すぐに閉まる訳ではありません。そのため、骨盤が不安定な状態です。骨盤に繋がっている股関節にも負担が掛かり、痛みを起こすことになります。

 

★ホルモンバランスの影響

妊娠中に多く分泌されていたホルモンは、徐々に減少していきますが、影響が残ったままです。そのため、股関節も不安定な状態なので、痛みを起こすことがあります。

 

 

妊娠中・産後の股関節痛の改善と予防

股関節痛は、股関節にかかる負担を軽減することで、痛みの改善・予防につながります。

どうすればいいか・・正しい姿勢を心がけ、周囲の筋肉をバランスよく保つことが大切で。お腹が大きい場合は、それも出来ませんので、無理のないストレッチなどを行うことで、負担の軽減となります。

また、産後の股関節痛は骨盤の歪みにも関係しています。骨盤を整えることも大切になります。