産後の股関節痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

骨盤矯正で、股関節痛も改善!

産後の股関節の痛みに悩んでいませんか?その痛みは、骨盤の歪みに関係しています。

骨盤は、出産時に大きく開きます。赤ちゃんが通るほどの開きなので、産後すぐに元通り・・という訳には行きません。そのため、産後の骨盤はとても不安定な状態です。

 

骨盤が不安定な状態だと、どうなるか・・骨盤と足を繋げる関節、股関節にも影響を及ぼします。産後の股関節の痛みは、不安定な骨盤によって起きていると言えます。

 

骨盤は産後3~4ヶ月で閉じていきますので、それに合わせて股関節痛も改善していくといえます。ただし、骨盤が正しく閉じれば・・の話です。

骨盤が正しく締まることが出来なければ、当然、股関節にも不具合を起こすことになります。

 

 

そのため、産後の骨盤矯正は重要と言えます。ただ、ここで注意したいのは、「骨盤矯正ベルト」は、開いた骨盤を締める矯正です。骨盤の歪みと言っても、ズレや傾き、ねじれなど様々です。

骨盤を閉じたとしても、左右のバランスが崩れていれば、片側の股関節にばかり負担がかかることになります。そのため、骨盤がどのように歪みを起こしているかを判断し、正しい位置に戻す「骨盤矯正」を行うことが、股関節痛の改善に繋がると言えます。

 

 

産後の股関節痛を改善する方法

妊娠中、産後と、股関節の痛みを起こすことがあります。その原因はなんでしょう・・

妊娠中は、骨盤を開くために、筋肉や靭帯を緩めるホルモンが多く分泌されています。産後は、このホルモンは減少していきますが、緩んだ筋肉や靭帯がすぐに元の状態になる訳ではありません。そのため、日常生活での姿勢や良くない癖などによって、カラダに歪みを起こすことがあります。

 

よく聞く「骨盤の歪み」もその1つです。

骨盤に歪みがあると、骨盤に繋がる股関節にも歪みが生じます。歪みがあると、それを支えるために、周囲の筋肉や靭帯のバランスが崩れ、筋肉の働きが悪くなってしまいます。

筋肉の働きが悪くなると、血行やリンパの流れも悪くなるため、筋肉が緊張して硬くなり、股関節にも大きな負担がかかることになります。

 

産後の股関節の痛みは、骨盤の歪みによる股関節の炎症や、周囲の筋肉の緊張が原因と言えます。そのため、産後の股関節痛を改善するには、カラダの歪み・骨盤の歪みを改善して、周囲の筋肉をバランスよく整えることが必要といえます。そして、日常生活において、歪みを起こさないようにすることが大切です。