産後のひざ痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

妊娠中の過度な体重増加は、産後のひざ痛の原因?!

妊娠で、体重が増えすぎて、産婦人科の医師から注意されることがあります。

妊娠中の過度な体重増加は、ママのカラダにも、お腹の赤ちゃんにも負担が掛かり、出産のリスクが高くなってしまうからです。そして、過度の体重増加は、産後のカラダにも影響します。

 

産後しばらくして、膝に痛みを感じる方は少なくありません。

 

妊娠すると、体重が増加するのは仕方ありません。カラダが重たくなれば、当然、膝にも負担がかかるため、痛みを起こす音になります。

特に、過度な体重増加は、膝に急激な負担がかかるため、痛みを起こしやすくなります。妊娠中は何ともなかったのに・・と不思議に思うかもしれません。実は、妊娠中も膝関節はSOSを送っていたのです。ただ、表面化しなかっただけの話です。

 

妊娠中は、胎児を守るために、ホルモンの分泌が変化していて、炎症を抑える作用のあるホルモンの分泌が増加しています。

 

このホルモンは、出産を機に、減少していくため、妊娠中は感じない痛みが、産後に現れることになる訳です。また、妊娠中は、運動制限がされるので、産後は筋力が低下している状態です。

そのため、膝にかかる負担も大きくなってしまいます。産後のひざ痛を予防するには、過度な体重増加に気をつけることと、カラダに無理のない程度に、適度な運動やストレッチをすることが大切となります。

 

 

産後のひざ痛は、母乳のせい?!

出産してからしばらくすると、膝に痛みを感じる方がいます。

妊娠中の体重増加や筋力低下など、さまざまな要因で、ひざ痛を起こすと考えられます。赤ちゃんを育てるために、痛みが現れることもあります。

 

それは、母乳です。ママが摂取した栄養分は、血液となり、血液から作られたものが「母乳」となり、赤ちゃんが摂取することになります。

そのため、母乳をあげているママは、必要な栄養が不足しがちになります。膝に痛みを起こす場合は、カルシウム不足と言えます。カルシウムが不足すると、膝関節の軟骨が硬くなってしまうので、関節炎を起こしやすくなります

 

産後に限らず、成人女性の多くはカルシウム不足といわれています。母乳をあげているママは、特に食事に気を配ることが大切と言えます。

 

産後のカラダは、疲れているため、食事を作るのが面倒になりがちです。

しかし、ママの栄養が足りなければ、赤ちゃんが必要とする栄養も足りなくなってしまいます。インスタント食品などは避け、栄養バランスの整った食事を心がけるようにしましょう。