産後のひざ痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後のひざ痛、骨盤の歪みと関係しています!

産後に、カラダの不調を訴える方は少なくありません。階段の上り下りが辛い、膝を伸ばしにくいなど、ひざの痛みに悩んでいませんか?

 

膝に過度な負担がかかることで、ひざ関節が炎症を起こし、痛みが現れます。負担の原因の1つは、骨盤に歪みかもしれません。

 

妊娠・出産で大きく開いた骨盤は、産後に閉じていきます。

遅くても、産後6ヶ月ほどで、骨盤は固定されることになりますが、その間は、骨盤を締める靭帯が緩んだ状態です。

そのため、良くない姿勢や癖などが原因で、骨盤が歪みを起こしやすいと言えます。

 

骨盤に歪みが生じると、連結する大腿骨(太ももの骨)にも歪みが生じ、脚の重心が偏ってしまいます。

重心が傾けば、重みのバランスが崩れるため、特定の場所に余計な負担がかかることになります。

 

例えば、脚の重心が外側にある場合、関節の外側にばかり重みが加わるため、関節軟骨の外側が磨り減りやすくなります。

また、外側の筋肉ばかりが使われれば、外側の筋肉は硬くなり、関節の動きも悪くなります。

 

となれば、余計な負担がかかることになります。負担が大きくなれば、関節の炎症をとなり、ひざの痛みを起こすことになります。

 

 

産後のひざ痛を改善するには・・?

産後に、ひざの痛みを訴える方は、意外と多いです。

ひざに痛みを起こす原因は、様々ですが、根本的な原因は、ひざへの負担です。負担を軽減する必要があります。

 

妊娠中の体重増加によって、膝への負担が大きくなります。

ただ、妊娠中に多く分泌されているホルモンには、炎症を抑える作用のものがあるため、痛みを感じることはあまりありません。

 

産後は、ホルモンの減少によって、痛みを感じることが少なくありません。妊娠中にかかった負担は、過去のもの・・取り除くことは出来ません。

ただ、これ以上の負担を減らせば、関節が回復して、痛みが改善されることになります。

 

ひざ関節は、歩く、座る、立ち上がるなど、足の曲げ伸ばしには欠かせない関節です。

下半身の関節のなかで、最も負担がかかる関節と言われています。普段の生活で、ひざ関節を使わない・・そんなことは出来ません。

 

では、どうすればひざの痛みを改善できるか??

 

関節を支える筋肉や靭帯を鍛える必要があります。

しかし、急激な運動をすれば、筋肉が緊張して硬くなってしまうので、症状が悪化してしまうことになります。

大切なのは、柔軟な筋肉を作ることです。

また、偏ったカラダの使い方は、余計な負担を増やしてしまいます。

 

ひざの痛みを改善するには、関節膝周辺の筋肉を、運動やストレッチなどで鍛えるとともに、カラダのバランスを整えていくことが大切です。