岐阜市骨盤矯正専門整体院│頚椎症

 

頚椎症って、どんな病気?

私たちの背骨(脊椎)は、24個の椎骨が積み重なって構成されています。首の骨となる7個の椎骨は「頚椎(けいつい)」、背中の骨となる12個の椎骨は「胸椎(きょうつい)」、腰の骨となる5個の椎骨は「腰椎(ようつい)」と呼ばれます。

頚椎症とは、首の椎骨や椎間板間などの老化変性が起こることで、正しくは「変形性頚椎症」といいます。

 

変形性頚椎症により、近くの神経を圧迫・刺激されて神経症状を起こすことがあります。

 

頚部の脊髄神経に障害を受けている場合を「頚椎症性脊髄症」、神経根に障害がある場合を「頚椎症性神経根症」と呼び、それぞれに症状が異なります。

 

頚椎症と頸椎椎間板ヘルニアは、何が違うの??

頚椎症とは、首の骨(頸椎)の変形や椎間板の変性などが起きたことで、様々な症状が現れる病気のことです。

頚椎症は、椎間板の老化から始まる、頚椎の変性疾患のため、椎間板の老化変性によって椎間板が突出する「頚椎椎間板ヘルニア」も、広い意味では、「頚椎症」と言えます。頚椎症とは、頚椎の変性による疾患の総称という訳です。

 

頚椎の変性によって、脊髄や神経根が圧迫や刺激を受けることで、神経症状を引き起こす事になりますが、神経が障害を受ける場所や症状によって、病名が分類されます。

神経症状の原因が、椎間板ヘルニアであっても、脊髄に障害がある場合は「頸部脊髄症」・神経根に障害がある場合は「頸部神経根症」と呼ばれることがあります。

 

頚椎症の多くは、症状の改善・悪化を防ぐことを目的とした「保存療法」を行います。

そのため、神経障害の原因や状態などによって、それぞれに合わせた治療を行う必要があるため、一般的には、椎間板の突出があれば「頚椎椎間板ヘルニア」、頚椎の変形が見られる場合は「頚椎症」と呼ばれ、頚椎症による神経障害の状態によって「頚椎症性脊髄症」や「頚椎症性神経根症」と分類されます。

 

頚椎症と椎間板ヘルニアは、広い意味では同じですが、一般的な呼ばれ方としては、神経を障害している原因が違うということです。

 

頚椎症は、頚椎の変形性関節症で、頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の椎間板ヘルニアです。

 

頚椎症も頚椎椎間板ヘルニアも、多くは、症状の現れ方や状態に合わせた治療を行うことで、症状を改善していく「保存療法」が施されます。ただ、脊髄障害を起こしている場合は、日常生活に著しい支障をきたすことになるため、手術療法を施す場合があります。