岐阜市骨盤矯正専門整体院│産後うつ(育児ノイローゼ)

 

産後うつは、誰にでも発症する可能性があります!

産後は、うつ病になる可能性が高くなると言われています。「私は大丈夫!」なんて思っている方・・大丈夫とは、何を根拠に思うのでしょうか?うつ病は、精神的症状が現れるため、精神面の弱さを指摘する方がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

産後うつは、産後のカラダの変化が大きな原因になっているので、心の弱さなんて関係ありません。誰にでも発症する可能性があるのです。

 

 

産後うつの、大きな原因となるのは・・?

出産を終えた女性のカラダは、妊娠前のカラダに戻るために、様々な変化を起こしています。

その一つに、ホルモンバランスの変化があります。

 

妊娠すると、胎児が成長しやすいように、特定の女性ホルモンが分泌されます。出産まで、このホルモンは分泌され続けるのですが、出産が終わると一気に減少することになります。

産後は、ホルモンバランスが大きく変化することになり、この変化にカラダがついていけずカラダに様々な不調を引き起こす要因となります。そして、産後うつにも関係するのです。

 

産後のカラダは、とても疲れきっています。それに加え、慣れない育児や家事による疲れや生活リズムの変化などで、ストレスが溜まりやすい状態です。

ストレスが溜まると、自律神経の働きが悪くなります。ホルモンバランスと自律神経の働きは、親密な関係にあるため、どちらかが乱れを起こせば、それに影響されてしまいます。

 

ホルモンバランスが産後の鬱に関係する

 

ホルモンバランスの大きな変化とストレスによる自律神経への影響・・結果、どちらもバランスが乱れてしまう訳です。

自律神経は、活動時や昼間に活発になる「交感神経」と安静時や夜に活発になる「副交感神経」があり、この2つがバランスよく働くことで、カラダの各機能の働きを調節して、健康を維持することが出来ています。

精神の安定を保つ役割もあるため、自律神経が乱れれば、情緒不安定な状態になると言う訳です。

 

ストレスを抱えると、交感神経が過剰に働くことになり、副交感神経の働きは悪くなります。副交感神経が働かなければ、カラダを休めることが出来なくなり、カラダを回復させることが出来なくなるのです。

 

カラダは回復したいけど、交感神経が働いているため、無理に活動を続けてしまう・・最終的には、カラダのエネルギーが切れてしまい、何も出来なくなってしまうという訳です。

 

産後のホルモンバランスの大きな変化は、自律神経の乱れを起こしやすいということです。そのため、産後うつは、誰にでもなる可能性があると言えます。