岐阜市骨盤矯正専門整体院│産後うつ(育児ノイローゼ)

 

産後うつは、男性にもなる可能性が!!

産後うつと聞くと、出産を終えた女性がなるもの・・と思うかもしれませんが、男性にも産後うつがあるのです。

 

女性の場合、産後のホルモンバランスの大きな変化があるため、産後うつになるのも納得が出来きます。では、なぜ男性が産後うつになるのでしょうか・・?

 

実は、妻の出産に伴って、夫のホルモンバランスが変化するということがあるそうです。

産後うつになりやすい男性は、うつの病歴がある人、夫婦関係が良好でない人、経済的な不安などがあり、大きな要因は、妻の産後うつの発症と言われています。

 

働いて帰って来たあとに、赤ちゃんの面倒を見る、休日も家事や育児の手伝いをするなどで、大きな負担を抱えてしまうのが原因とされます。

また、産後の女性にある「ガルガル期」によって、父親である男性にもストレスが溜まる場合もあると言えます。

 

男性の場合は、仕事でのストレスも加担するため、自律神経の乱れを起こして、産後うつを発症してしまうと言えます。子育ては、ママにとってもパパにとっても、慣れないことばかりで、不安になることが多いのだと思います。ただ、子育てには正解はありません。

 

夫婦2人で協力し合って、助け合うことが、何より大切なことだと思います。

産後うつは、夫婦がお互いを思いやる気持ちで予防できるのかもしれません。

 

 

産後うつとマタニティ・ブルーは違うの?

産後は、ホルモンバランスが大きく変化しているため、産後2~3日の間で、30~50%の方が精神的に情緒不安定な状態になります。不眠やイライラ、注意散漫などの精神症状が現れますが、産後10日目ほどで軽快すると言われています。

 

産後、しばらく経ってから、気持ちの落ち込みや睡眠障害、倦怠感などの精神症状が現れ、2週間以上経っても、症状が改善しない、または悪化の傾向がある場合は、産後うつの可能性があります。

マタニティ・ブルーは、生理的な現象で、一過性のものと言えますが、産後うつの場合は、改善するには治療が必要となります。

 

産後うつは、ホルモンバランスの変化に伴い、慣れない育児や家事などによる負担やストレスが要因となり、自律神経の乱れを起こすと考えられます。産後のカラダは、とてもデリケートです。

 

カラダへの負担が、精神的ストレスになってしまいます。カラダをゆっくり休ませることが大切です。1人で全てを背負う必要はありません。パートナーや家族に協力してもらい、子育てを楽しむようにしましょう。