産後の恥骨痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

妊娠中から産後にかけて、恥骨に痛みを感じる方は、少なくありません。

恥骨とは、名前の通りデリケートゾーンにあたる部分の骨で、骨盤を構成する骨の一部です。

骨盤の中心にある仙骨の両側には、腸骨・恥骨・坐骨を総称する寛骨があります。左右の恥骨をつなぐ部分を「恥骨結合」といい、恥骨痛とされるのは、この部分の痛みです。

 

妊娠すると、骨盤を開くために、特定の女性ホルモンが分泌されます。

この女性ホルモンにより、骨盤を締める靭帯が柔らかくなり、骨盤が開いていきます。

 

ただ、靭帯を緩める作用は、カラダ全体に影響するため、恥骨結合部に付着している数多くの靭帯や筋も緩めることになり、恥骨結合部も緩んだ状態となります。

 

妊娠中後期になると、赤ちゃんの頭が下がってくるため、お腹の重みによって恥骨結合部が圧迫されることになります。そのため、恥骨結合部が痛くなる=恥骨痛を感じることがあります。

産後、この女性ホルモンは減少しますが、恥骨結合部が回復するのには、時間がかかるため、産後も痛みが続くことが多いようです。

 

妊娠中は痛みがなくても、出産が終わってから、恥骨痛を感じる方もいます。

この場合は、出産時に骨盤が最大に開くことで、恥骨結合部が損傷・断裂などを起こしたと考えられます。

 

 

赤ちゃんが大きい、骨盤が狭いなどが原因とされ、難産だった方に多いと言えます。痛みが酷い場合は、歩くことが困難となる場合もあります。

妊娠や出産時には痛みがなかったのに、産後しばらく経ってから痛みを感じる方もいます。

 

この場合、出産時の損傷ではなく、骨盤が左右非対称に開いてしまった人に多いようです。骨盤の開きすぎというより、骨盤のズレによって、恥骨結合部に負担がかかっていると言えます。

 

骨盤のズレは、日常生活での悪い姿勢や歩き方などで起こります。

そのため、元々骨盤にズレがあった場合や、妊娠中に骨盤にズレを生じたことで、骨盤の開き方が悪くなったと言えます。

 

産後の恥骨痛、正しく改善しましょう!

妊娠や出産の負担で、左右の恥骨をつなぐ「恥骨結合」に痛みを起こす方は少なくありません。

多くの場合は、骨盤を締める「骨盤ベルト」などで改善されます。ただ、骨盤にズレが生じている場合は、締めるだけでは改善しません。実は、骨盤矯正にも種類があります。

 

開いた骨盤を締める骨盤矯正と、骨盤を正しい位置に戻す骨盤矯正です。

 

骨盤の歪みとひとことで言っても、骨盤が開いた状態、傾いた状態、ズレが生じた状態など、様々です。

産後の骨盤矯正の多くは、骨盤を締める矯正と言えます。

 

恥骨痛は、骨盤のズレが原因となるものもあります。そのため、骨盤がどんな状態かをしっかりと見極めて、改善していくことが大切と言えます