産後の恥骨痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の恥骨痛は、どうして起こるの??

産後に、肩こり・頭痛・腰痛などのトラブルに悩む方は少なくありません。

様々な症状がある中、多くの方が感じているのが「恥骨痛」です。妊娠中は、お腹が大きくなるにつれて、恥骨が圧迫されて、痛みを感じます。

では、産後の恥骨痛は何が原因なのでしょうか?

 

恥骨は、足の付け根の内側部分・・

恥ずかしい骨と書くくらいなので、なんとなく分かると思いますが、デリケートゾーンに位置している骨で、骨盤の一部になります。

 

産後の恥骨痛の原因は、骨盤が正しく戻っていないことが原因

恥骨は、骨盤の下の方にある骨で、左右の骨盤を「恥骨結合」と言われる部分でつないでいます。

恥骨結合は、恥骨の1番下の真ん中にある部分で、恥骨痛と言われる痛みは、この部分の痛みとなります。

 

妊娠すると、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように、骨盤は開いていきます。骨盤を開くには、骨盤を締めている靭帯を緩める必要があるので、「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されることになります。

これにより、恥骨結合部が開いてしまうため、痛みを感じることになります。

産後は、ホルモンの分泌が減少して、骨盤も締まっていくことになるのですが、妊娠・出産で損傷を受けた恥骨結合部は、すぐに正常に回復する訳ではないので、痛みを起こすことになります。

 

 

産後の恥骨痛は、骨盤の歪みと一緒に改善できる!

産後、恥骨痛に悩んでいませんか??デリケートな部分の痛みなので、誰にも言えずに我慢しているという方もいるかもしれません。

実は、産後の恥骨痛を感じている方は、結講多いのです。恥骨痛を改善するには、骨盤の歪みの改善が必要となります。

 

骨盤の真ん中には「仙骨」があり、その先に「尾骨」があります。仙骨の両側には、蝶の羽のような寛骨が繋がっています。

恥骨とは、骨盤を構成する寛骨の下の部分の骨で、足の付け根の奥といわれる場所にあります。仙骨を中心として、両側の恥骨が繋がる部分を「恥骨結合」といい、恥骨痛は、この恥骨結合部に痛みを感じることになります。

 

出産するとき、骨盤は最大に開きます。骨盤が開くためには、骨盤周囲の靭帯を緩める必要があるため、特定の女性ホルモンが分泌されます。

これにより、恥骨周辺の靭帯が筋肉も緩むため、お腹からの圧迫で、恥骨結合部が開いてしまい、痛みを起こします。

 

 

産後、骨盤が元に戻るときに、この恥骨結合部も自然に元に戻るのですが、骨盤が正しく戻れないと、恥骨結合部も正常に戻れないので、産後も恥骨痛となります。

恥骨痛は、骨盤を正しく整えることで、改善することになります。