産後の恥骨痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の恥骨痛・・恥骨結合離開とは??

骨盤は、背骨から続く逆三角形のような形の「仙骨」、その両側に蝶の羽のような形の「寛骨」、仙骨の先端にある「尾骨」が組み合わさって出来ています。

寛骨は、腸を支える部分の「腸骨」、デリケートゾーンに位置する「恥骨」、尻の部分の「坐骨」に分類されます。

 

骨盤の前側の部分で、左右の寛骨(恥骨)を繋いでいる部分を「恥骨結合」といいます。

 

 

妊娠すると、特定の女性ホルモンが分泌されて、骨盤周囲の靭帯が緩み、骨盤が開いていきます。

この時、線維と軟骨から出来ている恥骨結合部も緩んでいきます。妊娠後期になると、赤ちゃんの重みが恥骨結合部にかかることで、恥骨に痛みを起こすことがあります。

 

骨盤は、出産で最大に開くのですが、骨盤が開きすぎると、この恥骨結合部が、損傷・断裂・解離することがあります。これを「恥骨結合離開」といいます。

 

症状としては、恥骨部や下腹部などに痛みを起こします。

痛みの度合いは人によって異なり、妊娠中から痛みを起こして出産で治まったり、出産後も痛みが続く、または痛みが強くなるという場合もあります。

痛みが治まるまでは、安静にすることが大切です。

 

 

産後の恥骨痛は、いつまで続くの?

産後のトラブルは様々です。

意外に多い悩みは、恥骨痛・・痛みがあっても何となく人に言えず、我慢している方もいるかもしれません。恥骨痛はどうして起こるのでしょうか?

 

恥骨は、骨盤の一部で、恥ずかしい骨とされる部分・・デリケートゾーンにある骨です。

妊娠から出産までの間、骨盤が開くとき、左右の骨盤をつなぐ「恥骨結合」も緩んだ状態になります。

 

妊娠後期になると、この恥骨結合部に圧力が掛かり、痛みを起こすことがあります。

この時、恥骨結合が損傷によっては、産後も痛みが続く、鋭い痛みを感じることもあります。産後、開いた骨盤が戻ると同時に、恥骨結合部も元の状態に戻っていくため、産後1ヶ月ほどで痛みは治まります。

 

痛みの改善がなく、長く続く場合、激しい痛みを感じる場合は、早めに婦人科医に相談するようにしましょう。

痛みを我慢してしまうと、それがストレスになり、違うトラブルを引き起こすこともあります。

 

妊娠・出産は、女性にとって大変なイベントです・・カラダは疲れ果てています。

さらに産後は、妊娠前のカラダに戻ろうとする負担が加わり、様々な不調を起こすことになります。

負担を軽減するには、無理をしないことです!産後1ヶ月は、安静にして、カラダの回復に努めましょう