産後の腰痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の腰痛を解消するには・・

妊娠・出産・産後・・ママのカラダは疲れきっています。

産後のカラダの変化によって、様々な不調を感じることになります。

辛い腰痛も、その1つです。骨盤を正しく整えることで、腰への負担が軽減され、腰痛を解消することになります

 

産後の骨盤が、歪んでしまう理由は・・

「産後の骨盤矯正」と言えば、誰もが聞いたことがあるかと思います。

なぜ産後なのか・・産後は、骨盤が最も歪みやすく、最も整えやすいという時期なのです。

 

出産は、骨盤が最大に開き、産後は、開きを戻す時期となります。この時期は、骨盤を締める靭帯が緩んでいる状態のため、姿勢などによって歪みを起こしやすいのです。骨盤が正しく戻らない=骨盤の歪みなので、産後に骨盤が歪む方はとても多いのです。

 

骨盤の歪みが腰への負担を大きくする理由

骨盤の歪みといっても、どういう状態か分からないと思います。骨盤は、背骨の腰椎から続く「仙骨」とその先に続く「尾骨」、仙骨の両隣に蝶の羽のような「寛骨」があります。

仙骨と寛骨をつなぐ関節を「仙腸関節」といい、この関節にズレが生じた場合、骨盤の歪みになる訳です。そして、この仙腸関節のズレが、腰への負担を大きくすることになります。

 

仙腸関節は、前後左右に数ミリの可動域があります。この可動域が、カラダの重みや衝撃を、外に逃がす役割があります。

しかし、骨盤に歪みが生じると、この仙腸関節の機能が低下することになります。

 

となれば、上体の重みが、腰椎に多くかかってしまうことになります。

腰椎への負担が大きくなれば、それを支える周囲の筋肉にも負担が蓄積されます。結果、腰痛を起こすことになります。腰椎への負担が大きくなると、椎間板症や椎間板ヘルニアなどの疾患を引き起こす要因となります。

 

また、負担の蓄積は、ギックリ腰の要因ともなります。

 

 

産後の腰痛、骨盤矯正で改善します!

産後に歪みを起こした骨盤を整えれば、骨盤の仙腸関節のクッション機能が正常に働き、腰への負担を軽減することになります。

腰に痛みを感じる理由は、筋肉の疲労にあります。

疲労で硬くなった筋肉をほぐせばいいのですから、マッサージをすればいい。と思うかもしれませんが、マッサージは一時的な解消にしかなりません。

 

腰への負担の根本原因は、骨盤の歪みです。

筋肉をほぐしても、歪みによる負担は軽減出来ません。産後の腰痛を改善するには、骨盤矯正で腰への負担を取り除くことが大切です。