産後の尿漏れ│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の尿漏れは、骨盤の歪みに関係しているの?

咳やくしゃみなどの瞬間に、突然尿が出てしまう・・産後の尿漏れに悩んでいる方は、少なくないとおもいます。尿漏れを起こすと、膀胱の働きが悪いのか・・?と考える方がいるかもしれませんが、排便・排尿をコントロールしているのは、「骨盤底筋」です。

 

骨盤底筋は、膀胱や子宮などの内臓を支える役割があり、尿道を絞める尿道括約筋と繋がっています。妊娠から出産の間、骨盤底筋は大きくなった子宮から圧力により、筋肉が伸ばされた状態となります。

 

出産時、赤ちゃんが産道を通過することで、更に筋肉は緩んでしまいます。骨盤底筋が緩むことで、尿道を閉めることが出来なくなり、尿漏れを起こすことになります。しかし、産後、全ての方が尿漏れを起こす訳ではありません。

尿漏れを起こしやすくする要因として考えられるのは、骨盤の歪みです。骨盤底筋は、名前の通り、骨盤の底の筋肉です。出産時に最大に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月かけて締まっていきます。この間、骨盤を絞める靭帯は緩んだ状態です。

 

産後は、骨盤の歪みを最も起こし易い時期です。

 

そして、骨盤に歪みが生じると、骨盤を支える周辺の筋肉も、バランスを崩して働きが悪くなります。筋肉の働きが悪くなる=骨盤底の働きも悪くなるとことになります。

 

尿漏れを改善するには、骨盤を整えて、骨盤底筋の働きをよくすること大切です。ただ、産後のカラダはとてもデリケートなので、無理をしないようしましょう。

 

 

産後の尿漏れを改善するには・・

女性の尿漏れの原因は、男性よりも尿道が短いことや、骨盤底筋の働きが悪いことが原因と言えます。産後は、尿道を絞める役割のある「骨盤底筋」が緩んだ状態のため、尿道の絞まりも悪くなり、尿漏れを起こすことになります。

 

膀胱や尿道の働きは正常なため、ストレッチやエクササイズなどで、骨盤底筋を正しく鍛えることが、尿漏れを改善することになります。ただ、出産によって骨盤底筋が傷ついている場合もあるので、産後1ヶ月から始めるようにしましょう。

 

また、産後しばらくしてから尿漏れを起こす・・という方は、骨盤の歪みによって骨盤底筋の働きが悪くなっている事が考えられます。そのため、骨盤を正しく整える必要があります。骨盤の位置が正しくなれば、骨盤底筋の働きもよくなるため、自然と尿漏れも改善していくことになります。

 

 

 

ほとんどの場合は、カラダの回復とともに、尿漏れは治まります。