岐阜市骨盤矯正専門整体院│変形性膝関節症

 

変形性膝関節症の予防方法

私たちのカラダには、沢山の関節があります。関節には、カラダを動かす機能とカラダを支える機能があり、日常生活の動作において、常に負担を背負っています。

 

加齢とともに、筋肉や靭帯・骨・軟骨は衰えてしまうため、当然、関節の働きにも影響を及ぼします。膝の関節軟骨の磨り減りや骨の変性によって、膝関節に痛みを起こすことを「変形性膝関節症」といいます。中高年以降の方に多いとされる疾患です。

 

加齢によるものだから、どうしようもない・・と思う方もいらっしゃると思いますが、関節の老化を遅くすることは出来ます。

骨や軟骨にかかる負担が大きくなれば、当然、老化変性も早くなります。となれば、日常生活において、膝関節にかかる負担を軽減すれば、変形性膝関節症の予防に繋がると言えます。

 

膝関節を支えているのは、周囲の筋肉や靭帯です。

そのため、筋肉を付けることで、負担を軽減できます。

 

しかし、使いすぎて筋肉が硬くなると、関節の可動域も狭くなってしまうため、動きによる負担が大きくなります。

そのため、適度な運動で、膝周辺の筋肉を柔軟に鍛えることが大切です。また、体重増加も膝関節への負担を大きくします。太り過ぎには、注意しましょう。

ただし、無理な食事制限はダメです。骨や軟骨に必要な栄養素をきちんと摂取するようにしましょう。

 

 

骨盤の歪みは、変形性膝関節症の原因になる?

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ役割があります。

骨盤に歪みが生じれば、カラダ全体に歪みを起こしていくことになります。骨盤が傾くと、大腿骨が捻じれていき、股関節や足首の動きにズレを起こします。

 

すると、脚の重心が、外側や内側に偏ってしまい、脚の筋肉バランスが崩れてしまいます。重心側の筋肉は、使われてばかりのため、緊張で硬くなります。

硬くなった筋肉に、膝関節が引っ張られていき、О脚やX脚といった脚の歪みを起こしてしまいます。骨盤の歪みは、大腿骨・股関節・膝関節・足首にも歪みを起こすという訳です。

 

歪みがあれば、周囲の筋肉の働きも悪くなり、関節の動きにも支障をきたすため、負担が蓄積されます。

脚に歪みがあっても、痛みを感じることがないので、そんなに気にする人はいないと思います。

 

しかし、そのままにしていると、知らず知らずに負担が蓄積されてしまい、変形性膝関節症を起こしてしまうことになります。実は、日本人の約80%は、О脚に該当すると言われています。

自分は大丈夫と思っているあなたも、予備軍かもしれません。

 

痛みの症状が現れる前に、骨盤を整えて脚の歪みを改善しておきましょう