岐阜市骨盤矯正専門整体院│変形性膝関節症

 

膝の痛みを起こす「変形性膝関節炎」とは・・?

膝の関節となる大腿骨・腓骨・脛骨の表面は、軟骨に覆われています。この軟骨が、膝関節への衝撃を和らげたり、動きをスムーズにする役割をしています。

 

加齢・筋力不足・肥満・オーバーユースなどの原因によって、関節軟骨が磨り減り、膝関節が変形や炎症を起こす疾患を「変形性膝関節症」といいます。

 

発症の初期段階では、痛みが長続きしないため、そのままにしてしまうケースが多いようです。

しかし、そのままにしていると、症状が悪化してしまい、痛みの増強・膝の屈伸運動が困難となり、日常生活に支障をきたすことになります。炎症により、腫れや熱を持ったり、骨の変形により、膝を動かすと「ゴリゴリ」とした音を感じることもあります。

 

症状が悪化すると、日常生活に著しい支障をきたすことになります。足は第二の心臓と言われます。膝の痛みによって、歩くことが困難となれば、カラダ全体にさまざまな影響を及ぼすことになします。膝に異変を感じら、早めに病院を受診するようにしましょう。

 

中高年の膝痛・・9割が「変形性膝関節症」です。

階段が辛い・長時間、歩けない・膝の曲げ伸ばしが困難など、膝の痛みに悩んでいませんか?

中高年の悩みで、特に多いと言われるのが「膝の痛み」です。そして、膝痛を起こす疾患で最も多いとされるのが「変形性膝関節症」です。膝関節の軟骨がすり減ることで、骨同士が接触しやすくなり、骨の変形や炎症を起こすことで、膝の痛みを起こします。

 

私たちのカラダを支えている、骨・軟骨・筋肉・などは加齢とともに、衰えて行きます。

 

変形性膝関節症は、加齢に伴い、膝関節が負担に耐えられずに、悲鳴をあげている状態です。

 

しかし、加齢は病気ではありませんので、止めることが出来ません。また、磨り減った軟骨は、元の状態に戻すことは出来ません。しかし、痛みの改善・症状の悪化を防ぐことは出来ます。

 

では、どのような治療を行えばいいのでしょうか??

 

膝関節に掛かる負担を軽減することが大切となります。膝関節は、周囲の筋肉や靭帯によって支えられています。

 

そのため、これらの働きをよくすれば、膝関節に掛かる負担を軽減することが出来ます。

 

ただ、闇雲に鍛えても、筋肉が緊張して硬くなってしまうので症状は悪化してしまいます。そのため、痛みの状態などを医師に伝え、相談しながら治療していくことが大切です。年のせいだからと諦めずに、しっかりと治療していきましょう。