岐阜市骨盤矯正専門整体院│更年期障害

 

更年期障害は、どうして起こるの?

更年期とは、性的成熟状態から卵巣の機能が停止するまでの間とされ、月経周期が乱れ始めてから閉経するまでの時期をいいます。

卵巣機能の衰えによって、女性ホルモンの分泌が減少することで、ホルモンバランスが乱れ、頭痛・めまい・肩こり・ほてり・発汗・イライラ感など、様々な症状が現れることになります。

 

閉経する年齢は、人によって異なりますが、40代前半から50代後半の時期に更年期障害を起こすとされています。症状は、月経不順のとなる前から、閉経して2~3年まで感じることが多いと言われています。

 

「更年期障害」とは、更年期によるホルモン分泌の低下が、心身ともに様々な症状を引き起こす疾患です。

そのため、一般的には閉経が起こる時期に「更年期障害」を起こすと言われていますが、ホルモン分泌の減少が症状の原因なので、若い方でもホルモン分泌に問題が生じれば、更年期症状が現れる「若年性更年期障害」となります。

 

また、ホルモン分泌の減少は女性に限ったものではありません。男性でも、加齢による男性ホルモンの分泌量の減少や、ストレスや生活習慣などによるホルモンバランスの乱れに伴い、「更年期障害」を起こすことがあります。

 

 

女性特有ではない!?男性でも、更年期障害を起こします!

更年期障害と聞くと、女性特有の疾患と思う方が多いと思います。しかし、更年期障害は、男性にも起こるのです。そして、男性の更年期障害を正しく理解している方は、とても少ないと思います。では、男性の更年期障害は、どんな症状が現れるのでしょうか・・?

 

更年期障害の根本的な原因は、ホルモン分泌量の低下とされます。

加齢に伴い、男性ホルモンの低下や、ストレスによってホルモンバランスが崩れること、更年期障害を起こすことになります。

 

ただ、男性の場合は、女性の閉経のような、ホルモン分泌の劇的な変化がなく、個人差も大きいため、認知度が低く、理解されにくい疾患と言えます。

 

症状としては、性機能の低下・頭痛・めまい・のぼせ・顔のほてり・発汗・疲労感などがあります。精神的にも不安定な状態となり、イライラ感・無気力・うつ傾向などの症状も現れます。

また、自律神経失調症となると、様々な症状を引き起こすことになります

 

男性の更年期障害は、精神面に変化が現れることが多いため、うつ状態になりやすいと言われています。

 

更年期とされる時期に、心身のトラブルが長く続くようであれば、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。