岐阜市骨盤矯正専門整体院│更年期障害

 

更年期障害は、30代の男性でも起こる可能性があります!!

 

更年期とは、性成熟期から老年期に移行する時期で、一般的には45歳~55歳くらいまでの間とされます。

加齢に伴う性ホルモン分泌の減少により、ホルモンバランスが乱れることで、自律神経にも乱れを起こして、様々な症状を引き起こすことを「更年期障害」といいます。

 

女性の場合、閉経というサインによって、ホルモン分泌の減少を自覚することが出来ますが、男性にはこれといった区切りがないので、症状が現れても「更年期障害」と考える方は少なく、女性特有の疾患と思っている方が多いと思いますが、男性も加齢に伴い、ホルモン分泌が減少するため、更年期障害を起こすことがあります。

 

また、女性も男性も、ホルモン減少は30代から始まっています。そのため、食生活やストレスによってホルモンバランスが乱れれば、30代でも更年期障害を起こすことになります。

 

 

産後に無理をすると、更年期障害になりやすい?!

「産後に無理をすると、後が大変になる・・」なんてことを耳にしたことがあるかと思います。

 

何が大変なのかというと、「更年期障害」になりやすいということです。

しかし、医学的な根拠がある訳ではありません。更年期障害とは、加齢によって、性ホルモンの分泌が低下することで、カラダに様々な症状を起こすとされます。

 

女性の場合、子宮の機能が衰え始めて、完全に停止するまでの間を更年期とされ、閉経の5年前後(45~55歳くらい)に更年期障害になると言われています。

 

例えば、出産が30歳だとして、更年期までには約15年もあるので、関係性は考えにくいと思います。しかし、更年期障害は、子宮の機能低下によるホルモンバランスの乱れが原因となるため、子宮の機能が正常でなければ、閉経に関係なく、更年期の症状が現れるのではないでしょうか・・?

 

子宮の働きに関係しているのは、骨盤です。産後、出産で最大開にいた骨盤は、元の形に戻っていきます。産後に無理をすれば、骨盤が正常に戻ることが出来ずに、骨盤の歪みを起こすことになります。

 

子宮は骨盤の中に収まっていますので、骨盤に歪みがあれば、子宮の働きにも影響を及ぼす事になります。子宮の働きが悪くなれば、当然、ホルモン分泌も減少することになり、更年期の症状を起こすことになります。

 

となれば、「産後に無理をすると、更年期障害になりやすい」というのも、否定できないと言えます。更年期までの期間が長いから大丈夫!!と言いたいですが、若年性更年期障害になる可能性も否定出来ません

 

産後のカラダはデリケートです。無理をすれば、カラダに負担がかかるので、後々、何が起こるかわかりません。産後1ヶ月くらいは、しっかりと休養しましょう。