岐阜市骨盤矯正専門整体院│更年期障害

 

ホットフラッシュは、カラダを温めると改善できる!?

更年期障害の代表的な症状として、周囲の環境と関係なく、顔のほてりやのぼせ、発汗なの症状を「ホットフラッシュ」といいます。

 

更年期障害とは、一般的に、性成熟期から老年期に移行する時期(更年期)に、卵巣の機能低下に伴う女性ホルモンの分泌低下によって、頭痛・めまい・倦怠感など、カラダに様々な不調を引き起こす疾患です。

 

女性ホルモンの減少は、ホルモンバランスに大きな変化を起こすことになり、これにより自律神経の乱れを起こします。

更年期障害の様々な不調は、自律神経の乱れが原因と言えます。自律神経は、活動時に働く交感神経と、安静時に働く副交感神経があります。

 

交換神経の働きが過剰になると、カラダは興奮状態となります。「ホットフラッシュ」は交感神経の働きが過剰になっている=副交感神経の働きが悪いことが原因と言えます。

 

副交感神経の働きをよくすれば、「ホットフラッシュ」を軽減できるという訳です。

 

副交感神経は、血管を拡張して血行を促進する働きがあります。そのため、カラダを温めて血行を促進することで、カラダがリラックス状態になり、副交感神経の働きを助けることになるのです。

カラダを温めることは、自律神経を整えることに繋がると言えます

 

 

更年期障害は、予防できる?

更年期障害は、更年期(性成熟期から性機能が停止するまでの間)に起こる、ホルモンバランスの変化によって、自律神経の乱れを起こし、カラダに様々な不調が現れる疾患です。

 

自律神経には、活動時や昼間に活発になる「交感神経」と安静時や夜に活発になる「副交感神経」の2つがあり、通常は、これらが必要に応じてバランスよく働いています。

 

このバランスが崩れると、カラダの各器官の働きを調節することが出来なくなり、心身の不調となります。自律神経の乱れは、更年期と関係なく、ストレスや生活習慣によっても起こります。

 

そのため、日頃から、食事や運動などによって、自律神経の働きを整えておくことが、更年期障害の予防になると言えます。また、自律神経の乱れは、交感神経が過剰に働いている状態のため、カラダが興奮状態になっていると言えます。

交感神経が過剰に働いているということは、副交感神経の働きが悪いということです。となれば、副交感神経の働きをよくすれば、症状の改善に繋がるという訳です。

 

血行をよくして、カラダをリラックスすることで、副交感神経の働きを助けることが出来ます。