岐阜市骨盤矯正専門整体院│足底筋膜炎

 

足裏の痛みは、何が原因??

足裏に痛みを起こす要因として「足底筋膜炎」があります。足裏にはたくさんの筋肉があり、それを覆っている筋膜(足底筋膜)が炎症を起こすことで、土踏まず付近や踵など、足裏に痛みを起こすとされます。

 

症状の特徴としては、起床してからの1歩目、椅子から立ち上がる時など、歩き出しの瞬間に、足裏を突き刺すような痛みを起こします。軽度の場合、歩き始めると、足裏にピリピリとした痛みを起こしますが、痛みは一時的に消え、しばらくするとまた痛み出します。痛みが長く続かないため、そのままにしてしまい、症状が悪化してしまうケースも少なくありません。

 

症状が悪化すれば、足を地面に付けることすら出来なくなり、日常生活にも著しい支障をきたすことにもなります。足裏に異変を感じたら、早めにセ病院で診察を受けるようにしましょう。

 

 

足底筋膜炎は、症状の原因が分からない?!

歩いたり、跳んだり、走ったりすることで、足裏は地面から大きな衝撃を受けています。

この衝撃による筋肉損傷を避けるため、足底筋膜が筋肉を包み、衝撃を吸収する役割を果たしています。足底筋膜に何らかの障害が起こることで足裏に痛みを起こすことになります。

 

痛みを起こす原因は、足底筋膜の炎症とされますが、根本的な原因は明らかになっていません。

そのため、病院などでは、アイシングやテーピング、痛み止めなどで、痛みを和らげることになりますが、これらは症状の改善であって、根本的な改善とは言えません

 

根本的な改善を行わなければ、症状が慢性化したり、再発を繰り返すことになります。

 

長時間の立ち仕事や、マラソンなどにより、足裏にかかる負担が大きくなれば、足底筋膜が炎症を起こすとされますが、マラソンランナーが必ず「足底筋膜炎」を起こすわけではありません。

 

根本的な原因は、足裏の筋肉の働きに問題があると考えられます。

 

筋肉は使いすぎても使わなくても、硬くなってしまいます。筋肉の柔軟性がなくなれば、それを覆う筋膜の柔軟性もなくなります。柔軟性がなくなれば、衝撃を吸収するクッションの役割が出来なくなるのです。

 

通常、歩くとき、走るときなどは、足裏の筋肉や筋膜は伸びるようになっていますので、柔軟性がなくなれば、無理に引っ張られる状態となり、炎症を起こしてしまうという訳です。

 

炎症がある場所に刺激を与えると、痛みが悪化することになります。そのため、痛みが治まるまでは、マッサージなどは避けましょう。足はカラダを支える土台です。カラダを正しく使うことは、足裏の筋肉を整えることにもつながります。

足底筋膜炎は、カラダ全体の筋肉バランスを整えることが重要と言えます。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでます。