猫背│岐阜市の猫背矯正・骨盤矯正専門整体

 

猫背は、腰痛に悩まされる!

私たちの腰は、柱となる背骨と、土台となる骨盤がしなやかに連動することによって機能しています。

要するに、腰椎(腰の骨)と骨盤が連帯しながら動いているからこそ、上半身の重みを支えながらも、スムーズな動作をとることが出来ているという訳です。

 

この連携プレーに欠かせない働きをしているのが、骨盤にある「仙腸関節」です。

仙腸関節は、腰椎から続く仙骨と、その左右にある「寛骨(腸骨・坐骨・恥骨の総称)」をつなぐ関節で、前後左右に数ミリほどの可動域があります。

 

この可動域が、カラダ全体のクッションの役割を果たして、重みや衝撃をうまく逃がしています。

しかし、猫背によって背骨のバランスが崩れると、腰椎と骨盤の連携がうまくいかなくなるため、負担のしわ寄せが腰部に掛かり、痛みやコリとなってしまいます。

 

また、背中のもっとも太い筋肉である脊柱起立筋の先端は、骨盤の仙骨にくっついているため、猫背の姿勢をしていると、仙骨が引っ張られてしまい、仙腸関節の可動域が狭くなります。

 

すると、上半身の重みや負担を逃がすことが出来なくなるため、腰椎に大きな負担がかかります。腰椎椎間板ヘルニアの原因ともなっていきます。

 

 

猫背矯正は、将来の寝たきりを回避できる?!

猫背になると、カラダを支える柱(背骨)に歪みを起こしてしまうため、カラダに掛かる負担や衝撃が蓄積されてしまいます。

そして、首コリ・肩こり・背中のコリ・腰痛・膝痛などの運動器トレブルを引き起こす大きな原因と言えます。

 

慢性的なコリや痛みがあれば、行動範囲も狭くなり、出かけるのも億劫になると思います。痛みがひどくなれば、起き上がることも面倒になるかもしれません。

カラダを動かす機会が少なくなれば、筋肉や靭帯、関節などの運動器は、当然、衰えていきます。人体の機能は、使っていないと大きく低下していきます。筋肉は衰え、関節可動域は狭くなり、骨や軟骨のももろくなっていきます。

 

年々、こういう機能低下が進めば、「寝たきり」や「要介護」へと近づいていっていると言えるのではないでしょうか・・。

 

猫背を放っておいたら、運動器トラブルと運動器機能低下の悪循環に陥ってしまうことになるのです。

 

「たかが猫背」なんて思っているかもしれませんが、気がついた時には、カラダが思うように動かなくなっている可能性も・・

猫背矯正をして、カラダのバランスを正しく整えれば、いつまでもスムーズに動くカラダを手に入れることになると言えます。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでます。