腱鞘炎│岐阜市の腱鞘炎・骨盤矯正専門整体

 

腱鞘炎は、女性に多い?

腱鞘炎とは、骨と筋肉をつなぐ腱と、それを覆う腱鞘の過度な摩擦によって、腱鞘に炎症を起こす疾患です。

 

腱鞘炎の主な原因は、特定の場所の使いすぎです。

そのため、よく動かす手指に多く発症します。そして、なぜか、男性よりも女性の方が発症しやすいのです。

 

女性は男性よりも筋力がなく、靭帯や関節が柔らかく、腱の耐久性も弱いのが原因と言えます。

そして、腱鞘や腱の働きに関係するのが、女性ホルモンです。

 

産後のホルモンバランスの変化・更年期のホルモンバランスの変化などが、腱鞘炎に関係しているのです・

 

産後は、妊娠で大きくなった子宮の収縮や骨盤を締めるために、腱鞘を収縮する作用がある「プロゲステロン」と言う女性ホルモンを多く分泌します。

ただ、子宮や骨盤のためだけに作用するわけではないため、全身の腱鞘を収縮するため、腱鞘炎を起こしやすくなります。

 

生理の時は、骨盤を開く必要があるため、「プロゲステロン」と逆の作用=腱や腱鞘を柔らかくして弾力を保つ作用がある女性ホルモンが必要となります。その女性ホルモンを「エストロゲン」といいますが、更年期の女性は、閉経によってこの女性ホルモンの分泌が減少してしまうため、腱や腱鞘の柔軟性がなくなり、腱鞘炎を起こしやすくなるのです。

 

 

足にも腱鞘炎は起こります!

腱鞘炎と聞くと、手の腱鞘炎をイメージするかと思いますが、腱鞘がある場所なら、どこにでも起こります。

足の腱鞘炎は、そんなに知られていませんが、陸上競技やサッカーなど、足の腱鞘を酷使すれば、当然、腱鞘炎を起こします。

 

足の腱鞘炎の場所としては、足首・膝・足の甲などがあります。足の腱といえば、「アキレス腱」は誰もが聞いたことがあると思います。

アキレス腱は、人体の中で最も大きい腱なので、丈夫な作りをしています。

 

ですから、そう簡単には発症しませんが、必要以上に酷使すれば腱鞘炎を起こすことになります。

 

 

パソコンが、肘の腱鞘炎の原因となる?!

腱鞘炎は、同じ動作を繰り返すことで発症します。野球肘やテニス肘などは、肘の腱鞘炎で、肘の関節の痛み、肘から手にかけての痛みなどを感じます。

 

実は、パソコンによって、肘の腱鞘炎を起こす場合もあるのです。パソコンは手先の腱鞘炎と思うかもしれませんが、意外にも肘の腱鞘炎を起こす方が少なくありません。

 

その原因は、手首の使い方と言いえます。

 

指や手首を動かす筋肉は、腕まで伸び、肩までつながっています。手首を無理な姿勢で動かせば、当然、手首から肘までの筋肉や腱鞘にも負担がかかってしまうという訳です