腱鞘炎│岐阜市の腱鞘炎・骨盤矯正専門整体

 

腱鞘炎は、どうして起こるの?

腱鞘炎とは、腱鞘の炎症です。といっても、なんのことかよく分からないと思います。

 

私たちがカラダを動かすとき、骨と筋肉は連動して動きます。ただし、骨と筋肉はくっついている訳ではありません。

骨と筋肉をくっつけているのは、「腱」です。「腱」がないと、骨と筋肉がぶつかって、スムーズに動かすことが出来ないのです。そして、カラダを動かすとき、腱が浮き上がるのを抑えるため、腱の鞘(さや)=腱鞘が腱を覆っています。

腱鞘の中には、腱の滑りをよくするために滑液がありますが、同じ動作を繰り返すことで、腱と腱鞘の摩擦が強くなってしまい、炎症を起こします。これが腱鞘炎です。

 

 

腱鞘炎は、どこにでもなるの?

腱鞘炎は、腱鞘がある場所ならどこにでも起こります。

ただ、腱と腱鞘の摩擦が過剰になることで炎症を起こすため、起こりやすい場所と起こりにくい場所があります。そのため、最もよく使う手先は、腱鞘炎を起こし易いという訳です。

 

他には、野球肘・テニス肘といわれる、肘の腱鞘炎などがあります。

腱鞘炎は、オーバーユース(使いすぎ)が原因なのです。

 

 

手指の腱鞘炎は、種類がある?

手指の腱は、腕の筋肉から指の1本1本に伸びていて、腱があることで、指先を自由に動かすことが出来ています。

手指の腱には、指を曲げるときに使う「屈筋腱」と、指を伸ばすときに使う「伸筋腱」があり、手の腱鞘炎とされるのは、これらに腱鞘炎を起こした場合です。腱鞘が炎症を起こした場所によって、痛みの場所や症状は異なってきますが、指が動かしにくい・指の動きによって痛みを感じる・指が腫れる・指の動きにひっかかりを感じるなどの症状があります。

 

手の腱鞘炎は、屈筋腱に起こる「バネ指=弾発指」と伸筋腱に起こる「ドゥ・ケルバン病=デケルバン病」に分かれます。バネ指は、どの指にでも起こりますが、ドゥ・ケルバン病は主に、手首の親指側に起こると言われています

 

 

腱鞘炎を予防するには・・?

腱鞘炎の原因は、特定の腱鞘に負担をかけすぎていることが原因です。

そのため、同じ部分を使い過ぎないことが、予防になります。手指が疲れたと思えば、適度に休ませることが大切です。

また、筋肉の働きが悪く硬くなっていると、腱が引っ張られてしまい、腱鞘炎を起こしやすくなります。スポーツなどをする前には、準備運動などで、筋肉を柔軟にするようにしましょう。

 

腱鞘炎は、使いすぎが主な原因のため、痛みがあれば、無理をしないようにしましょう。