梨状筋症候群│岐阜市の腱鞘炎・骨盤矯正専門整体

 

その症状、椎間板ヘルニアではなく、梨状筋症候群かもしれません!

梨状筋症候群は、骨盤の仙骨と股関節をつなぐ梨状筋が、炎症や過緊張を起こすことで、下を通る「坐骨神経」を圧迫して、腰痛・臀部の痛み・坐骨神経痛を起こします。

 

坐骨神経痛を起こした場合、症状の原因となる疾患を判断して、治療していく必要があります。

 

多くの場合、「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などの腰椎疾患が原因となります。

 

しかし、梨状筋症候群の場合、骨や軟骨などの異常がないため、レントゲンやMRIなどの検査では、原因が発見しにくいため、判断しにくいと言われています

特に症状が似ている腰椎椎間板ヘルニアとの判別が難しく、間違って診断されることもあります。

椎間板ヘルニアは、突出した椎間板による神経の圧迫によって、坐骨神経痛を起こしますが、梨状筋症候群は、梨状筋の障害によって症状が現れるので、椎間板ヘルニアの治療を行っても、症状は改善しません。

 

結果、症状が慢性化してしまいます。

 

注意して欲しいのは、椎間板が突出していても、必ず症状があるとは限らないのです。

 

レントゲンなどの検査によって、ヘルニアと診断されても、症状を起こしているのは、梨状筋かも知れないということです!となれば、いくら治療しても、改善しないということに・・椎間板ヘルニアと思っていても、本当は梨状筋症候群かもしれません!

 

梨状筋症候群は、整形外科では改善しない?

梨状筋症候群は、骨盤と股関節をつなぐ筋肉(梨状筋)が、坐骨神経を圧迫してしまう疾患です。

 

症状としては、臀部の痛みや坐骨神経痛が現れます。

ただ、坐骨神経痛を起こす疾患は様々あるため、病院での検査で、症状の原因を明らかにする必要がありますが、梨状筋症候群の場合は、発見されにくく、原因不明とされることがあります。

 

腰痛があれば、主に腰部の検査を行うため、梨状筋の検査を行なうことは、ほとんどありません。

また、骨や軟骨の異常がないため、レントゲンでは明らかにならないのです。

 

整形外科の場合、原因が明らかでないと、これといった治療が出来ない

 

梨状筋症候群と判明しても、梨状筋にかかる負担の原因までは追求しません。

梨状筋症候群を改善するには、梨状筋の働きを整えるとともに、梨状筋にかかる負担を取り除く必要があるのです

 

そのため、姿勢の悪さやカラダの使い方など、生活習慣を見直し、カラダ全体を整える必要があります。症状の改善がない場合は、医師と相談しながら治療ができる接骨院や整体院などを利用してみるものいいかもしれません。