梨状筋症候群│岐阜市骨盤矯正専門整体院

 

梨状筋症候群とは、どういったものでしょうか・・?

梨状筋とは、骨盤の中心にある「仙骨」と股関節をつなぐ筋肉で、股関節の外旋や、上半身・下半身から骨盤にかかる力をバランスよくする役割があります。

この梨状筋が、過緊張や炎症などの障害を起こすと、下を通っている「座骨神経」を刺激してしまいます。これによって、お尻の痛み・足のしびれや痛みなどの症状が現れることを「梨状筋症候群」といいます。

 

 

梨状筋症候群は、検査では発見できない?

梨状筋症候群は、腰痛や下肢の痛みや痺れ、麻痺などの「坐骨神経痛」を起こします。

 

坐骨神経痛は、症状の総称のため、症状を起こしている原因を調べる必要があります。

そのため、レントゲンやMRIなどの検査を行います。坐骨神経痛を起こす疾患として、代表的なものは「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などがありますが、これらは、骨や軟骨の変性によって起こるため、レントゲンの画像にはっきりと現れます。

 

しかし、梨状筋症候群の場合、骨組織には異常がないため、原因を判断するのが難しくなります。

 

そのため、原因が分からない坐骨神経痛を「梨状筋症候群」と診断する場合があります

 

 

梨状筋症候群とは、どんな症状?

梨状筋症候群とは、骨盤の真ん中にある仙骨から股関節に向かっている梨状筋に、何らかの障害が起きた場合、下を通っている「坐骨神経」を刺激してしまう疾患です。

 

坐骨神経とは、腰神経と仙骨神経が集まったもので、お尻から下肢に向かって伸びている末梢神経です。

坐骨神経が圧迫などの刺激を受けると、腰痛・下肢の痛みやしびれ・筋力低下などを起こすことになります。これらの症状を総称して「坐骨神経痛」と言われます。

 

梨状筋症候群の症状としては、股関節の外旋や内旋による痛み・お尻の痛みやしびれ・腰痛・下肢の痛みやしびれなどがあります。

 

 

梨状筋症候群は、女性がなりやすい?

梨状筋症候群は、比較的女性に多く見られます。

その理由は、女性はもともとの筋力が弱いため、運動などによる負担が蓄積されやすいと言えます。また、梨状筋は骨盤と股関節をつなぐ役割があるため、骨盤の歪みのも関係していると言えます。

 

女性の骨盤は、男性よりも平たい形をしていて、生理周期とともに、毎月変化しています。女性ホルモンの影響で、骨盤を支える靭帯も柔らくなるので、歪みを起こしやすいのです。

 

骨盤に歪みが生じれば、股関節の動きにも影響するため、梨状筋にも余計な負担がかかることになります。