腰椎すべり症│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

腰椎すべり症って、どんな病気?

腰椎すべり症とは、名前の通り、腰椎が滑っている状態で、これにより、腰部の脊柱管が狭くなり、神経が障害を受けると、腰痛や坐骨神経痛などの症状を起こすことになります。

 

脊椎(背骨)は、24個の椎骨が積み重なって出来ていて、上から、頸椎(首)7個と、胸椎(背中)12個と、腰椎(腰)5個に分類されます。

各椎骨の間には、クッションのような役割をする椎間板という軟骨組織があります。これらが、ただ重なるだけでは、崩れ落ちてしまいますので、椎間関節・靭帯などでしっかりと固められています。

 

しかし、何らかの原因で、支えとなる椎間関節や靭帯などの働きが悪くなると、腰椎が滑ってしまい、腰椎すべり症を発症することになります。

 

腰椎が、後ろ側にずれてしまう「後方すべり」と、前にずれてしまう「前方すべり」があり、多くの場合は、前方すべりとなります。腰椎がすべってしまう原因によって、形成不全性すべり症・分離すべり症・変性すべり症と、大きく3つに分けられます。

 

 

腰椎すべり症は、手術する必要があるの・・?

腰椎すべり症とは、5つある腰椎(腰の骨)の一部がすべって、通常の位置かズレた状態をいいます。主に、腰痛を起こしますが、すべりの状態が大きくなれば、腰部脊柱管が狭くなる「腰部脊柱管狭窄症」となり、下肢の痛みや痺れなどの症状が現れます。

 

腰椎すべり症の多くは、腰痛から始まります。ズレが小さい場合は、自覚症状がない場合もありますが、腰を反る姿勢や、横に曲げる姿勢によって、腰椎神経が刺激されると、下肢の痛みやしびれを起こすことになります。

 

腰椎のズレによって、脊柱管が刺激されると、「腰部脊柱管狭窄症」と同じ症状となります。(腰部脊柱管狭窄症と診断される場合もあります。)

 

腰椎すべり症や脊柱管狭窄症を発症しても、命に危険があるという訳ではないので、症状の改善・悪化を防ぐための「保存療法」が行われます。

 

治療の経過によっても、症状が改善しない、症状の悪化などがあれば、手術を検討することになります。ただし、脊髄の障害によって、歩行障害・膀胱直腸障害などの進行性の神経障害がある場合は、緊急に手術を行う必要があります。神経障害が重症となった場合、手術を行っても、神経の回復が困難となるからです。

 

そのため、症状の現れ方、症状の程度など、自覚症状をしっかりと医師に伝えて、相談しながら治療を行うことが、重要となります。