ストレートネック│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

ストレートネックとは、どんな状態?

ストレートネックとは、名前の通り、首が真っ直ぐになっている状態です。

首の頸椎(骨)は、本来、前方に向かって緩やかなカーブを描いています。

このカーブが失われた状態が「ストレートネック」といいます。この頸椎のカーブは、前彎と呼ばれるもので、前彎をクッションのように利用して、重い頭を無理なく受け止めています。

また、前彎があることで、頭が自然と後方にシフトされ、背骨の真上に位置することが出来ています。

 

ストレートネックとなると、頭を後方にキープ出来なくなり、自動的に頭が斜め前にニュッと突き出るような形になります。

頸椎のクッション機能が低下することになるため、頭の重みが直に頸椎にかかることになります。

これにより、頸椎周辺の筋肉に負担をかけることになり、肩のコリや痛みを起こします。また、頸椎周辺には、重要な血管や神経が集中しているため、様々なトラブルや不調を起こすことになります。

 

 

ストレートネックは、先天的なものではありません!

そもそも、ストレートネックはどうして起こるのでしょうか・・?

赤ちゃんや幼児は、カラダ全体の中で、頭の締める割合が大きいですが、前に倒れることなく、立ったり座ったり出来ています。ということは、みんな重たい頭をしっかり背骨に載せているということです。人間の頸椎は、初期設定では、緩やかなカーブを描いているので、ストレートネックは、後天的な原因によって形成されていくと言えます。

 

姿勢の悪さが、ストレートネックを作ります

長時間のデスクワークや、スマホを扱う姿勢、電車での居眠り・・気づかないうちに、頭を前に垂らしていませんか?この「うつむき姿勢」を繰り返すことがストレートネックの原因と言えます。頭を2・3センチ前に出すだけも、頸椎にかかる重み負担は倍以上になると言われています。

 

うつむき姿勢を続ければ、その分、頸椎に重みがのしかかるので、頸椎のカーブが失われていくことになります。うつむき姿勢は、落ちようとする重たい頭を、頸椎が必死に支えているような状態です。

 

この状態が、習慣的に続けていけば、頸椎に歪んだクセがついてしまうのは当然です。

 

そんなにうつむき姿勢をしていない・・と思っているかもしれませんが、それは自分で気づいていないだけかも?!実は、日本人の約80%の方が、ストレートネックの傾向があると言われているのです。

日常生活で癖になっている「うつむき姿勢」を改善することが、ストレートネックの予防になると言えます