ストレートネック│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

女性と子供は、ストレートネックになりやすい!

頸椎のカーブがなくなってしまう「ストレートネック」・・女性に多いと言われています。

なぜ、男性よりも女性の方が多いのでしょか?

 

それは、筋力の弱さと、関節の柔らかさが原因です。女性は、全体的に関節が柔軟な構造をしているため、骨格的にも良くない姿勢のクセがつきやすいと言えます。そのため、肩こり・腰痛・膝痛などの関節トラブルを訴えやすい傾向にあります。

 

頸椎の関節にも、この柔らかさが災いして、カーブの消失とストレート化が進みやすいという訳です。

 

男性は、女性に比べれば、ストレートネックになりにくいのですが、痛みを我慢する方が多いため、異常を訴えたときには、かなり状態が悪くなっているケースが多いといわれます。

 

女性はストレートネックになりやすく、男性はストレートネックをこじらせやすいと言えます。

女性と同様に、関節が柔らかいのは、小中学生くらいの成長期の子供です。

 

この時期の骨や関節は、成長しやすいように、柔らかい状態です。そのため、この時期に良くない姿勢を多くとっていると、ストレートネックが進んでしまいます。

 

ゲームやスマホ、試験勉強など、長時間うつむき姿勢をとる子供も多いと思います。

こうした環境から、10代のうちから、ストレートネックを進ませてしまう子供が増えていすのです

 

 

ストレートネックは、人間が退化している?!

私たちの頭は、体重の約10%の重さがあります。2足歩行をするとき、この重たい頭をどうやって支えるか、どうすれば効率よく動かせるのか・・それは大きな命題だったのかもしれません。

 

よく、人間が進化していく想像図がありますが、進化するにつれて、背筋が伸びて、頭が後ろの方へシフトされて行くのがわかります。ストレートネックは、効率よく頭を支えられるフォルムを使いきれていない=退化の傾向の現れかもしれません。

 

私たちのカラダの機能は、使っていないと衰えてしまいます。日頃から楽な姿勢ばかりをしていることで、重たい頭をしっかりと支える機能が衰え始めているのかもしれません。

 

頸椎は、背骨の首の部分です。背骨は、カラダに掛かる負担を分散させるため、S字カーブを描いています。

 

頸椎のカーブが崩れれば、カラダを支える背骨のカーブにも歪みが生じることになります。となると、カラダ全体のバランスが崩れることになり、各機能・各器官の働きにも影響します。結果、様々な不調を引き起こすことになっていまいます。