ストレートネック│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

 

その腰痛、ストレートネックが原因かもしれません!

背骨の頸椎(首の骨)は、緩やかにカーブを描いています。このカーブがなくなってしまった状態を「ストレートネック」といいます。

 

私たちの上体は、背骨がS字カーブを描くことで、カラダに掛かる負担をうまく分散しています。そして、その上体を支える土台となるのが、骨盤です。背骨という柱と、骨盤のという土台が連携しながら動いていることで、上半身を支えながらスムーズに動くことが出来ています。頸椎に歪みがあれば、背骨全体に歪みを起こし、土台となる骨盤にも歪みを起こすことになります。

 

骨盤の歪みは、腰椎から続く仙骨と、その左右にある腸骨をつなぐ「仙腸関節」にズレが生じることで起こります。

 

仙腸関節は、前後左右に数ミリほど動くのですが、この僅かな可動域がクッションの役割を果たし、カラダの重みや衝撃を、上手く逃がしていると言われています。骨盤に歪みが生じれば、仙腸関節のクッション機能が上手く働かなくなります。

 

となれば、上半身の重みや負担、衝撃がまともに腰椎にかかってしまうのです。ストレートネックを放っておけば、カラダ全体の歪みとなり、腰痛の原因ともなっていきます

 

 

ストレートネックを改善するには・・

私たちの脊椎(背骨)は24個の椎は積み重なって出来ています。

 

そのうちの7個が、首の部分となり、頸椎といいます。頸椎は、元々、前方向に向かって30~40度のカーブ(前彎)をしています。この生理的前彎角度が、30度以下となった頸椎の状態を、「ストレートネック」といいます。ストレートネックは、先天的なものではありません。

 

ストレートネックを進ませる最大の原因は、頭を前方につき出した「うつむき姿勢」と言われています。そのため、スマホやパソコンなどの普及により、ストレートネックとなる方が、急増しています。

 

ストレートネックを放っておくと、カラダ全体のバランスが崩れ、肩こり・頭痛・腰痛・自律神経の乱れ・痺れなど、様々な不調を引き起こしていくことになります。

 

ストレートネックを改善するには、どうしたらいいのでしょうか・・?

 

日常生活での良くない姿勢により、頸椎関節に悪い癖をつけてしまったことが、ストレートネックの原因です。

 

ならば、姿勢を正しくして、頸椎に正しい癖を覚えさせればいいのです。

 

正しい姿勢をすることで、頸椎が正しいバランスで頭を支えるようになるため、正常なカーブを取り戻せることになります