ひざの痛み・オスグッド(成長痛)改善│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

膝の痛みは、脚の歪みと関係している?

膝関節の骨組織や、関節を支える筋肉や靭帯などに、損傷や炎症を起こすことで、膝の痛みを起こします。

 

多くの場合、スポーツなどによるオーバーユースや、外的衝撃などが原因となります。膝にかかる負担が多くなれば、それだけ膝痛を起こしやすくなると言えます。

これといって思い当たる要因がない・・という方、脚の歪みが関係しています。

足の歪みが膝を痛めている

 

О脚やX脚などの脚の歪みは、脚の重心が傾いています。

そのため、膝関節に掛かる負担も偏ることになります。負担が分散されなければ、その分、損傷を起こしやすくなります。

 

今は、なんの症状もないかもしれませんが、脚の歪みをそのままにしていたら、膝にかかる負担は蓄積され、膝の痛みを起こすことになります。今のうちに、歪みを改善しましょう。

 

成長痛(オスグッド)は、身長が伸びるという根拠はない?!

子供や中高年によく発症すると言われる「成長痛(オスグッド)」・・腫れや外傷もなく、思い当たる原因がない場合、「成長痛」と診断されることがあります。成長痛と聞けば、身長が伸びているから・・と勝手に思い込んで、自然に治ると放置してしまケースが多いと思います。

しかし実際は、そんな根拠はないのです。身長が急激に伸びたからと言って、成長痛を起こすとは限りません。逆に、身長がそんなに伸びていなくても、痛みを感じることもあります。

 

成長期の特有の症状として「成長痛(オスグッド)」と言われますが、身長が伸びているなんて根拠もなく、原因は何も判明していないのです。

となると、「成長痛だから大丈夫」というのも、違う気がします。安易に「成長痛」と決め付けて放っておくと、スポーツ障害や何かしらの疾患を見逃してしまうことにもなります。症状があれば、病院を受診するようにしましょう。

 

子供が訴える膝の痛み・・成長痛なら放っていてもいいの?

成長期の子供に見られる「膝の痛み」・・見た目になんの異常もないと、成長痛と決めつけてしまいがちですが、それってホントに成長痛なのでしょうか・・?成長痛(オスグッド)だとしても、放っておいて大丈夫なのでしょうか・・?

 

そもそも成長痛は、成長期の子供が、同じような足の症状を訴えることが多いことで、一般的にそう呼ばれていますが、実際は、明確な根拠も原因も判明していません。病院で「成長痛だから大丈夫」と診断されても、大丈夫という根拠はないのです。骨組織に異常がなくても、症状があるのであれば、カラダの成長によって、膝関節を支える筋肉や靭帯などに負担がかかっていると考えられます。

 

そのままにしていると、負担が蓄積されて、更なる障害を起こすことにもなります。

膝痛を改善するには、膝周辺の筋肉などを正しく整えて、膝関節にかかる負担を軽減することが大切と言えます。