オスグッド│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

オスグッド病って何?

成長期の子供にみられる膝の痛みで、スポーツをしている子供に発症するスポーツ障害です。

まだ成長過程にある子供の膝関節(膝下)の軟骨に、スポーツなどで繰り返しの負担がかかると、炎症を起こし、ひどい場合は、骨組織の損傷となります。

 

成長期に発症することから、成長痛と混同されることがありますが、成長による膝の負担ではなく、オーバーユース(使いすぎ)による膝の負担のため、成長痛とは違います

スポーツ障害ですので、しっかりと治療する必要があります。成長とともに治るから・・と無理をすれば、症状が悪化してしまい、歩行障害となる危険性もあります。逆に、スポーツ障害なら、早めに治療を開始することで、早期回復につながると言えます。

また、成長期の子供が運動をすることで、必ずオスグッド病になるわけではありません。姿勢の悪さや歩き方などによって、膝関節に余計な負担がかかっていることも考えられます。

 

姿勢を改善して、正しいカラダの使い方をすれば、膝関節にかかる負担を軽減することが出来るといえます。

 

 

オスグット病と成長痛は違います!

オスグット病とは、成長期の子供に多い、膝の障害です。成長期に起こる足の痛みとして、一般的に「成長痛」と呼ばれるものがありますが、オスグッド病は成長痛ではありません

 

成長痛は、成長期の子供によく見られる症状で、膝・かかと・ふくらはぎ・足首などに痛みを起こします。

 

症状を起こす原因は、明確にされていませんが、成長とともに痛みも自然と治まっていくことが多いため、骨格の成長によって、足の関節や筋肉などに痛みを起こすと考えられています。

ただ、実際は何の根拠もありません。そのため「成長痛だからそのうち治る」という考えは、後に重大な障害を引き起こすことにもなるのです。

 

ここで注意したいのが、オスグッド病です。オスグッド病は、成長期の男児に多く発症する病気で、膝下に痛みを起こします。

 

成長期に発症することで、成長痛と混同されてしまいますが、オスグッド病は、痛みの出る場所・原因がはっきりとしているスポーツ障害です。

 

成長痛は運動をしていなくても発症しますが、オスグッド病は「同じ動作を繰り返す」ことが大きな発症要因です。そのため、成長が止まるまで治まらない、または、成長によって治まると考え、無理な運動を続けると、症状が悪化してしまいます

 

オスグッド病は、無理をしないように、医師と相談しながら治療することが大切です。