産後の冷え性│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

産後の骨盤矯正で、冷え性の改善

良くない姿勢や歩き方などによって、骨盤に歪みが生じることがあります。

妊娠・出産・産後は、骨盤が大きく開閉するため、産後は骨盤に歪みを起こしやすい時期と言えます。

そして、骨盤の歪みは、様々な不調の原因となります。下半身やお腹周りの「冷え症」も、骨盤の歪みに関係しています。

 

産後骨盤矯正と骨盤の歪みはどんな関係があるのか・・?

 

骨盤が歪むと、それを支えるために、周囲の筋肉の働きが悪くなります。

歪みによって、余計な負担が増えて緊張する筋肉と、負担が軽くなって衰える筋肉の2つに分かれ、筋肉バランスが崩れてしまいます。

 

緊張した筋肉は強張り、衰えた筋肉は筋力低下となるため、筋肉の働きが悪くなります。筋肉の働きが悪くなれば、血行やリンパの流れが悪くなってしまうため、老廃物や余分な脂肪を運搬することが出来なくなります。

 

老廃物が滞る=「むくみ」となり、更に血液の循環が悪くなり、代謝機能も低下します。

熱の発生は、代謝の際に起こります。そのため、血行不良が冷え性を起こすことになる訳です。

骨盤矯正をすれば、筋肉バランスが整い、血液やリンパの流れを促進することになります。となれば、冷え性を改善することになる訳です。

 

 

産後の骨盤矯正は、ホルモンバランスを整えることになります!

妊娠すると、胎児を守るために、特定の女性ホルモンの分泌量が増え、産後は、このホルモンの分泌量が減少していきます。

このホルモン分泌の変化によって、カラダに様々な影響を与えると言われています。

また、ホルモン分泌の変化に加えて、カラダの変化・生活の変化などによってストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れることにもなります。

 

ホルモンバランスは、自分で調節することが出来ませんが、女性ホルモンの分泌を整える手助けは出来ます。それは、骨盤矯正です。出産で最大に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月ほどで締まっていきます。この時期は、骨盤を支える靭帯が緩んだ状態なので、骨盤が最も歪みを起こしやすい時期なのですが、逆にいえば、最も整えやすい時期でもあります

 

骨盤は、内臓や生殖器を保護する役割があるため、歪みが生じると、各臓器の働きに影響します。子宮の働きが悪くなれば、女性ホルモンの分泌も不安定となるため、ホルモンバランスの乱れに関係してしまいます。

また、歪みはカラダにとってストレスとなるので、筋肉が緊張して血行不良を起こすことになります。骨盤が歪むと、周囲の筋肉バランスも崩れ、血行不良を起こしてしまうため、中に収まる子宮や卵巣の働きも悪くなります。

 

産後の骨盤矯正は、ホルモンの分泌を整えることになるため、不調の改善にもつながっていくと言えます。