ぎっくり腰│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

ギックリ腰は、筋肉の働きが悪いことで起こります。

突然の腰の激痛を起こす「ギックリ腰」・・

痛みとなる原因は、筋肉の急激な張りと、それによる関節の炎症と言えます。

腰周辺の筋肉の働きが悪いことが原因と言えます。

 

筋肉の緊張とは、筋肉の張力のことで、筋肉の収縮状態です。

何をしていない状態でも、常に微かな緊張をしています。そのため、筋肉の緊張成分は、常に筋肉に流れ込んでいますが、血液の流れによって運搬、排出されています。これは、正常な状態の筋肉と言えます。

また、筋肉の緊張とは、緊張成分がうまく排出されずに、滞っている状態のことを言います。

筋肉の緊張が大きくなる=収縮が強くなる=強ばってしまう・・という訳です。

 

 

では、どうして緊張成分が滞るのでしょうか・・?簡単に起こる筋肉の緊張は2つあります。

 

①動かしたことによる緊張

運動などでカラダを動かすときは、緊張成分は通常よりも多く流れ込みますが、筋肉の伸縮運動によって、血液の流れを促進しているので、溜まっていくことはありません。

しかし、筋力以上に筋肉を動かすと、エネルギーとなる乳酸が大量に発生するため、乳酸・老廃物・疲労物質などでいっぱいになってしまい、血流が悪くなり、これらの排出が間に合わなくなってしまいます。

結果、筋肉の緊張を起こしてしまいます。

 

 

②動かさないことによる緊張

筋肉の運動低下により、筋肉の伸縮が悪くなるため、緊張成分が排出されずに滞ります。筋肉の緊張(収縮)が大きくなれば、筋肉を動かしにくくなるため、筋肉が衰えていきます。

すると、周りの筋肉が、働きを助けようとして働くため、緊張した筋肉は大きくなります。

 

結果、筋肉は、動かしすぎても動かさなくても、緊張を続けることになります。

 

筋肉が緊張を続けると、血管の通り道が狭くなるため、血行不良を起こします。血液の循環が悪くなると、細胞に必要な酸素やエネルギーが足りなくなってしまうため、筋肉の疲労回復が出来なくなり、コリや痛みを起こすことになります。

 

 

ギックリ腰の痛みの原因となる「筋肉の過緊張」とは?

緊張した筋肉が出来る範囲以上の伸縮をしようとすれば、傷つかないように、急激に硬くなって動かせないようにしてしまうのです。

緊張した筋肉を伸ばすとき、筋肉は断裂しないために、大量の緊張成分を放出するため、血管が過度の圧迫を受けます。

 

そうすると、筋細胞が急激な酸欠状態となるため、激痛を感じることになります。

また、筋肉が緊張していれば、関節の動きも悪くなっているため、急な負担で炎症を起こすことになります。

筋肉の過緊張とは、緊張した筋肉が、更に緊張した状態という訳です。

その為、ぎっくり腰は無理に動かせば激痛がとなるため、動けなくなってしまうのです。