妊娠中の腰痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

妊娠中の腰痛は、どうして起こるのか?

妊娠すると、ホルモンバランス・骨盤の位置・子宮の大きさなど、カラダの中で様々な変化が起こります。

また、胎児の成長とともに、お腹も大きくなり、見た目にも変化します。

これらが原因となって、腰の痛みを起こすことになります。

 

★妊娠中の姿勢の変化

お腹が大きくなれば、当然、お腹が重くなるため、カラダの重心が前方に傾いてしまいます。

バランスを保つために、自然と腰を反った姿勢を取るようになります。となると、腰の関節が圧迫されることになり、腰痛を起こすことになります

また、お腹が大きくなれがば、体重も増加するため、腰の筋肉や関節にかかる負担も大きくなります。

 

★ホルモンバランスの変化

妊娠すると、胎児を守るために、特定の女性ホルモンが多く分泌されます。ホルモンバランスが大きく変化することで、自律神経に乱れを起こすことがあります。

不安や緊張が高まれば、筋肉も硬くなってしまうため、筋肉のコリや痛み、血行不良を起こします。

 

 

★骨盤の変化

妊娠すると、赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように、骨盤は開いていきます。

骨盤の関節や周囲の靭帯が緩んでいる状態のため、腰の筋肉に負担がかかり、腰痛を起こします。

 

 

妊娠中の腰痛、改善方法はあるの?

妊娠中、腰痛に悩む方は少なくありません。体重増加や体型の変化など、カラダの変化に伴うものなので、仕方ない・・と思って我慢していませんか?

痛みを我慢していると、それがストレスとなり、精神的にも肉体的にも辛くなってしまいます。

腰の痛みは、腰への負担が原因です。日常生活を工夫して、腰にかかる負担を少しでも、軽減していきましょう。

 

 

★重たいものは、なるべく避けましょう。

子供を抱っこしなくてはいけない・・など、どうしてもの場合は、膝を曲げてゆっくりと持ち上げるようにしましょう。

 

★安定化のある靴にしましょう。

ペタンコ靴より、2~3センチのヒールがある方が、腰への負担を軽減出来ます。ただし、ヒールが太いものにしてください。

 

★無理のないストレッチをしましょう。

四つん這いになって、息を吐きながら背中を丸める、息を吸って、息を吐きながら背中を反らす運動をしてみましょう。

 

★湯船に使ってリラックスしましょう。

腰の筋肉が、負担の蓄積により緊張で硬くなっています。カラダを温めて、血行を促進しましょう。筋肉をリラックスさせることが出来ます。

 

妊娠中の腰痛は我慢せずに、赤ちゃんにもママにも、無理のないよううに、腰への負担を軽減していきましょう!!