脊柱管狭窄症│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

脊柱管狭窄症は、日常生活での工夫が必要です。

脊椎(背骨)の後方にある隙間を「脊柱管」といい、この中には脊髄神経が通っています。

脊柱管狭窄によって神経が圧迫され、神経障害を起こす疾患を「脊柱管狭窄症」といいます。

後天性の脊柱管狭窄症の場合、加齢現象によって発症すると考えられるため、多くは「症状の改善と悪化を防ぐ治療=保存療法」を行うことになります。

そのため、症状の現れ方などを、医師に的確に伝え、症状に合わせた治療が必要となります。

この病気があるからといって、極端な活動制限をする必要はありません。日常生活で、症状が強くなる動きや行動を避け、カラダに無理をさせない工夫が大切となります。

症状が悪化すると、手術を必要とする場合もあるので、症状の変化に注意して、医師と相談しながら治療を行っていきましょう。

 

 

脊柱管狭窄症は、どんな症状?

背骨には脊髄神経の通り道があります。この通り道を「脊柱管」といい、先天的・後天的な理由によって、脊柱管が狭くなり、神経障害を起こす病気を「脊柱管狭窄症」といいます。

また、頸椎に狭窄があれば「頸部脊柱管狭窄症」、腰椎に狭窄があれば「腰部脊柱管狭窄症」、広範囲にわたって狭窄があれば「広範囲脊柱管症」と分類されます。狭窄の場所によって症状は異なり、さらに脊柱管の横断図を見た時の狭窄部位によっても症状が分類されます。

 

 

★中心型狭窄の症状(馬尾型)

腰部脊柱管の中心部が狭くなると、脊髄神経が腰椎から何本にも分かれた馬尾神経全体が圧迫されます。下肢の筋力低下や感覚異常、強い痺れなどが両側に現れます。症状が悪化すると、排尿・排便がしづらくなる「膀胱直腸障害」などを起こすことになります。

頸部脊柱管狭窄の場合も、両側の上肢・下肢の症状が現れ、症状の悪化に伴い、手先の細かな作業が出来なくなる「巧緻運動障害」や「膀胱直腸障害」が起こります。

 

★外側型狭窄の症状(神経根型)

脊髄神経から分岐したばかりの神経根が圧迫され、圧迫を受けた神経根が支配する場所に症状が現れます。そのため、頸部の場合は片側の上肢、腰部の場合や片側の下肢にだけ、強い頑固な痛みが起こるのが特徴と言えます。

脊柱管狭窄症の多くは、保存療法を行い、症状の改善や悪化を防ぐことになります。保存療法を行っても、症状の改善がない、進行性の神経障害が見られる場合は「手術療法」を施すことになります。

安静によって、一時的に症状が改善することがありますが、そのままにしていると、症状が悪化していく場合もあります。

また、似たような症状を起こす疾患も様々です。その為、自覚症状が現れたら、早めに専門医を受診するようにしましょう。