脊柱管狭窄症│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

脊柱管狭窄症は、種類があるのでしょうか?

脊柱管狭窄症は、狭窄の起きた場所によって分けられます。

 

頸部脊柱管狭窄症

頸部(首の部分)に脊柱管狭窄が起きている疾患です。

 

主な症状としては、首の痛み、腕から手先にかけての痛みや痺れ、筋力低下などがあります。

また、神経の圧迫され方によっては、症状は下肢にも現れます。足がもつれるなどの歩行障害、指先の細かな作業が困難となる巧緻運動障害、排便や排尿のコントロールが出来なくなる膀胱直腸障害などの、進行性の神経障害がある場合は、緊急に手術を行うこともあります。

 

症状が進行しすぎると、手術でも回復しない場合もあるため、自覚症状があれば、早めに専門医を受診してください。

 

 

腰部脊柱管狭窄症

腰の部分に起こる脊柱管狭窄症です。

主な症状としては、腰の痛み、お尻から足にかけての痛みや痺れ、筋力低下などがあります。

特徴的な症状としては、歩いていると腰から足にかけての痛みや痺れが起こったり、ふくらはぎに張りが生じたりして歩けなくなり、少し休むと、症状が治まって再び歩くことが出来る「間欠跛行」があります。

 

また、歩くのは大変でも、乳母車やシルバー歩行器を押したり、自転車に乗るのは大丈夫というのも、この病気の特徴です。

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多いため、年のせいと諦めてしまったり、安静時には症状が軽くなるため、大丈夫と思いがちですが、症状が悪化すると、歩行障害や膀胱直腸障害などを起こすことにもなります。

この場合、手術を施すことになりますが、回復は困難となるため、早めに専門医を受診しましょう。

 

 

広範脊柱管狭窄症

頸椎、胸椎、腰椎の広範囲にわたって、脊柱管狭窄が起こった状態です。

症状としては、上肢の痛みや痺れ、下肢の痛みや痺れ、筋力低下などが現れます。神経の圧迫の場所により、手足に様々な神経症状が現れます。脊髄の障害や、進行性の神経障害がある場合は、早急に手術が必要となります。

 

 

脊柱管狭窄症になりやすい人の特徴

先天的に脊柱管が狭い方もいますが、後天性狭窄の場合は、骨や軟骨、筋肉、靭帯、関節などの老化変性が原因と考えられます。加齢によっての老化変性は、勿論ありますが、負担の蓄積によって老化変性を早めることもあります。

首や肩を頻繁に捻ったり曲げたりするスポーツや仕事、長時間のデスクワークなどが、首や腰周辺に大きな負担となり、各組織の老化を早めることになります。

そのため、姿勢を正しくして、カラダに無理な負担をかけないことが予防につながると言えます。