椎間板ヘルニア│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

椎間板ヘルニアには、種類があるの?

ヘルニアとは、本来あるべき場所から飛び出すという意味です。

 

一般的に背骨と呼ばれている脊椎は、24個の椎骨が積み重なって出来ています。

脊椎は、首の部分の頸椎、背中の部分の胸椎、腰の部分の腰椎に分類されます。各椎骨の間には、クッションのような役割を果たしている「椎間板」があり、この椎間板が老化や衝撃などによって変性して、組織の一部が飛び出してしまった状態を「椎間板ヘルニア」といいます。

 

椎間板がヘルニアを起こすことで、近くを通る神経を刺激して、痛みや神経障害を起こしてしまいます。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの中で、最も多く、腰椎部分に起こるヘルニアです。椎間板は、大きな負担がかかると、変性してしまいます。

20歳を過ぎると、椎間板の弾力性が徐々になくなっていくため、少しの衝撃や圧力などでも、負担が大きくなります。また、上体を支える腰には、常に大きな負担がかかっているため、腰の椎間板は老化が早いと言えます。このため、腰椎椎間板ヘルニアは、20代~30代の若い方に多いのです。

 

症状としては、近くの神経根が圧迫されて、腰の痛み、下肢の痛みや痺れ、筋力低下、感覚麻痺などが現れます。脊髄を圧迫されると、進行性の神経障害を起こし、手術の必要が出てきます。

 

 

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎部分に起こる椎間板ヘルニアで、腰椎よりも頸椎の椎間板の方が、老化現象が遅いため、中高年以降の方に多いヘルニアです。腰椎の次に多いと言われています。

 

症状としては、神経根の圧迫によって、首や肩の痛み、片側の肩や腕の痛みや痺れ、筋力低下、麻痺などを起こします。脊髄の圧迫があると、症状は両側や下肢にも現れ、手術の必要が出てきます。

 

 

胸椎椎間板ヘルニア

頸椎と腰椎の間の、胸椎(背中部分)に起こる椎間板ヘルニアです。胸椎は、腰椎や頸椎と違い、捻ったり曲げたりなどすることが出来ません。

動きが少なく安定しているため、椎間板にかかる負担が少ないので、発症例は極めて稀といわれています。症状としては、下肢のしびれや麻痺などですが、痛みがほとんどないため、発見が遅れることがあります。

胸椎椎間板ヘルニアは、脊髄の圧迫を起こす場合が多く、手術の危険性も高いため、最も危険な椎間板ヘルニアと言えます。

 

 

椎間板ヘルニアの治療

ヘルニアは、経過によって消滅や縮小する場合もあるため、多くは「保存療法」を行います。

ただし、脊髄が圧迫を受けている場合は、排尿・排便のコントロールが出来なくなる「膀胱直腸障害」「歩行障害」などの進行性の神経障害が現れます。この場合は、「手術療法」を行うことになります。

ヘルニアの治療は、医師と相談しながら行っていくことが大切です。