椎間板ヘルニア│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

椎間板ヘルニアって何?

私たちの背骨(脊椎)は、24個の椎骨が積み重なって出来ています。

 

この椎骨と椎骨の間にある軟骨組織を「椎間板」といいます。椎間板は、骨と骨との擦れ合いを防ぎ、脊椎に掛かる負担を軽減するクッションのような役割をしています。

この椎間板が、老化・衝撃・圧力などによって変性して、本来あるべき場所から飛び出す(ヘルニアの意味)ことを、椎間板ヘルニアといい、突出した椎間板が、近くを通る神経を圧迫することで、痛みやしびれ、麻痺などの症状を起こします。

椎間板がヘルニア場所によって、頸椎ヘルニア・胸椎ヘルニア・腰椎ヘルニアに分かれ、神経の圧迫のされ方によって症状も異なります。

 

椎間板ヘルニアは、手術する必要があるの?

昔は、「一度、飛び出した椎間板は元には戻らない」と言われていましたが、医療の進歩に伴い、飛び出した椎間板が縮小や消滅するケースがあることが分かりました。

そのため、椎間板ヘルニアを発症しても、すぐに手術を行うことほとんどなく、ヘルニアの経過を見ながら、症状の悪化を防ぐ「保存療法」を行います。

 

保存療法を行っても、症状の改善がなく、進行性の神経障害がある場合に、「手術療法」を行うことになります。

 

 

椎間板ヘルニアは、腰だけではない?

「椎間板」が、あるべき場所から飛び出す(ヘルニア)ことを、椎間板ヘルニアといいます。

椎間板ヘルニアと聞くと、腰の痛みを想像する方が多いと思いますが、椎間板は、背骨を構成する椎骨の間に存在しているため、頸部や胸部にも発症します。

椎間板にかかる負担が大きくなると、椎間板が変性してヘルニアを起こしやすくなるため、負担がかかりやすい腰椎が一番多く、次に頸椎、胸椎となります。

椎間板ヘルニアは、突出した椎間板が近くの神経を圧迫することで、痛みや神経障害の症状が現れます。

 

腰椎(背骨の腰部)に椎間板ヘルニアを起こしている場合は、腰椎椎間板ヘルニアと言われ、腰痛坐骨神経痛の症状が現れます。頸椎(首の骨)に起きれば頸椎椎間板ヘルニア、胸椎(背中)に起きれば、胸椎椎間板ヘルニアと診断され、それぞれの症状に合わせた治療を行うことになります。

 

胸椎は肋骨に囲まれていて、動きも少ないので、椎間板にかかる負担も少ないため、胸椎椎間板ヘルニアの発症は、比較的に希と言われています。

しかし、脊髄の圧迫を起こすことが多く、手術療法での脊髄損傷となる危険性も高いため、椎間板ヘルニアの中では、一番危険なヘルニアと言われています。