坐骨神経痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

坐骨神経痛は、病気ではない?

「坐骨神経痛」という名前くらいは、聞いたことがあるかもしれません。

 

お尻から足にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状があると「坐骨神経痛」と自己判断する方も少なくないと思います。

ただ、坐骨神経痛は病気ではなく、症状の総称です。

そのため、坐骨神経痛の市販薬などは、一時的な解消としかなりません。

坐骨神経痛を起こす疾患は様々あります。そのため、何が原因で坐骨神経痛を起こしているのかを明確にして、症状の悪化を防ぐとともに、原因となる疾患を治療していく必要があります。

 

 

腰痛が悪化したら、坐骨神経痛を起こす?

坐骨神経痛とは、腰から下肢にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状の総称です。

 

坐骨神経は、脊髄から伸びている末梢神経の一つで、腰神経と仙骨神経が集まったものです。

そのため、腰痛の悪化が坐骨神経痛を起こすのではなく、腰の痛みだけなら腰痛、腰痛に伴って下肢に症状があれば坐骨神経痛といえます。

 

ギックリ腰は、急性腰痛と言われ、腰の筋肉の過緊張が原因のため、下肢の症状はありません。

慢性的な腰痛は「腰痛症」と言われますが、下肢にしびれや麻痺などを起こした場合、何かしらの疾患が原因で腰痛症となり、その疾患が悪化することで、腰の痛みとともに、下肢の痛みやしびれが現れる、または、腰痛症が何かしらの疾患を起こして、下肢にも症状が現れると言えます。

 

腰痛の悪化ではなく、坐骨神経痛とされる症状は、腰痛も含まれます。慢性的に続く腰痛は、何かしらの疾患の可能性があるので、病院での診察を受けるようにしましょう。

 

坐骨神経痛って何?

腰痛とともに、お尻から足にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状がある場合「坐骨神経痛」と言われます。

 

坐骨神経痛は、症状の総称で病名ではありません。

そのため、坐骨神経痛を起こしている原因を特定する必要があります。

 

原因となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症などがありますが、それぞれに治療方法は違います。

また、症状の現れ方によってアプローチ方法も変わってきますので、自覚症状を的確に医師に伝え、しっかりと相談しながら治療を行うことが大切です。

 

坐骨神経痛の市販薬などは、一時的な症状の改善としかなりません。

そのままにしていたら、症状が悪化して、歩行障害や膀胱直腸障害などの、進行性の神経障害を起こすことにもなります。

この場合は、外科的手術を施すことにもなりますので、痛みやしびれの自覚症状があれば、早めに病院を受診するようにしましょう。