坐骨神経痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

坐骨神経痛を起こす病気は何?

坐骨神経痛を起こす疾患のほとんどは、脊椎の変形による腰椎疾患であることが多く、下肢だけの症状ではなく、腰痛も伴います。

中には、脊椎が細菌感染して炎症をおこしたり、骨盤に腫瘍が出来る、婦人科系の疾患が原因の場合などもあります。

 

また、症状が似ていても、坐骨神経痛とは言い切れないものもあります。一つの病気ではなく、複数の病気が重なり、足腰に症状が出る場合や、内臓や血管の病気が原因で似た症状が出る場合もあるため、自己判断せずに、病院で診察を受けるようにしましょう。

 

 

坐骨神経とは、どんな神経?

背骨の隙間(脊柱管)を通る脊髄から、カラダ全体に伸びている末梢神経の1つで、腰椎(背骨の腰部分)から伸びる「腰神経」と、腰椎に続く仙骨(骨盤を構成する骨)から伸びる「仙骨神経」が集まったもので、末梢神経の中で、最も太くて長い神経と言われています。

1メートルほどの長さで、太さは鉛筆ほどです。

 

お尻から太ももの後ろ側をとおり、膝付近で、すねとふくらはぎの2つに分かれ、足の甲と裏に続いています。

皮膚の近くを走っているため、外的圧迫によってしびれを起こすこともあります。

長時間の正座で、足にしびれを起こすのは、血管や座骨神経の圧迫が原因と言えます。

 

 

腰痛・坐骨神経痛は、改善するの・・?

腰から下肢にかけての痛みやしびれ、麻痺などの症状を「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経痛は症状の総称なので、改善するには、症状を起こす原因を改善する必要があります。

 

腰の神経と仙骨の神経が集まった末梢神経を「坐骨神経」といい、この神経に何かしらの支障を及ぼした場合、腰痛・坐骨神経痛の症状が現れます。

坐骨神経痛は、症状の総称なので、改善するには、坐骨神経に支障をきたしている原因を探る必要があります

原因となる疾患の治療を行うことが、症状を改善していくことになります。

 

多くの場合は、腰椎の変形にとなる腰椎疾患が原因といわれ、症状を悪化させない「保存治療」を行うことになります。

 

症状の現れ方は、人によって様々なので、自覚症状を正しく医師に伝え、相談しながら治療していくことが大切です。

自己診断で、市販の鎮痛剤などを服用しても、症状の改善は一時的なものと言えます。

 

腰痛・坐骨神経痛を改善するには、神経の圧迫状況を正しく把握して、症状に合わせた治療を行って行くことが重要と言えます。

症状が悪化すると、歩行障害や排尿障害などを起こし、手術を行う必要が出てきてしまいます。

自覚症状がある場合は、早めに診察を受けて、適切な治療を受けるようにしましょう。