手や腕のしびれ│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

手や腕のしびれは、何かの病気?

しびれは、神経がなんらかの影響を受けている場合に起こります。

脳や脊髄の中枢神経や末梢神経が圧迫や血行不良、障害を起こした場合、しびれが起こります。

 

手や腕の上肢のしびれ起こす原因としては、以下のものが考えられます。

 

 

①脳の病気・・・脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍、脳梗塞など

脳の血管が、圧迫や出血などを起こした場合、脳細胞に十分な血液が行き渡らなくなります。

これにより、脳がダメージを受けて、様々な障害を引き起こすことになります。ダメージを受けた場所が、上肢または運動機能に関わっていれば、手や腕、下肢のしびれを起こすことになります。

脳の病気の場合、しびれ以外に、嘔吐・頭痛・めまい・うまくしゃべれない・カラダが動かしにくいなどの症状も現れます。

このような症状が確認できる場合は、早急に専門医を受診してください。

 

②内科疾患による神経障害・・・糖尿病、甲状腺機能低下症など

疾患によって、神経の働きに障害が生じた場合にしびれの症状を起こします。この場合は、しびれが全身へ広がっていきます。

 

③脊髄の病気・・・脊髄損傷、脊髄腫瘍など

脊髄は、脳から背骨の脊柱管をとおり、各椎骨から飛び出し、枝分かれして末梢神経となり、全身へと伸びています。脳からの指令を全身に伝達する「神経の束」といえます。

脊髄の圧迫や損傷がある場合、上肢・下肢のしびれや麻痺、歩行障害や膀胱直腸障害などを起こします。

進行性の神経障害がみられる場合は、緊急に手術を行う場合があります。

 

④脊椎や椎間板の変性による神経根の圧迫・・・頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症など

脊髄から枝分かれしたばかりの神経を「神経根」といいます。

腕や手に伸びる神経根が、変性した頚椎や椎間板などに圧迫されることによって、上肢のしびれ、麻痺などを起こします。

 

⑤体の歪みによる末梢神経の圧迫・・・胸郭出口症候群、手根管症候群など

上肢の動きに関係する末梢神経や、血管の圧迫によって症状が現れます。筋肉バランスや骨格のズレ、老廃物などの塊、腱鞘炎などの炎症などによって、神経や血管の通り道が狭くなり、しびれを起こすことになります。

 

⑥筋肉の圧迫によるもの・・・肩コリ、筋肉痛など

筋肉にかかる負担が大きくなると、筋肉が緊張状態になります。筋肉が緊張を続けることで、血管やリンパ管、神経の通り道を狭くします。

頚椎部分には、上肢に伸びる神経があるため、肩コリなどで筋肉が硬くなると、腕や手のしびれを起こすことがあります。

 

 

しびれの改善

上肢のしびれは、様々な原因が考えられます。症状があらわれた場合は、何が原因かを明確にして、治療を行っていくことが大切です。

しびれは、脳や脊髄に関わる重大な病気の可能性もあるため、早めに受診するようにしましょう。