40肩、50肩│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

四十肩・五十肩は、正しく治療しましょう

腕を動かすと、肩に痛みが走る・腕や肩の動きが制限されるなど、四十肩・五十肩で悩んでいませんか?

年のせいだから仕方ない・・と思って諦めている方がいるかもしれませんが、そのままにしていたら、肩関節はさらに動かなくなってしまいます。

 

痛みの改善となっても、動きが制限されると、意味がありません。正しく治療していきましょう。

 

 

四十肩・五十肩を改善するには・・?

肩関節周辺の骨や軟骨、筋肉、靭帯などに炎症が起こることで、肩に痛みを感じる疾患を「肩関節周辺炎」と言います。

40代や50代の方に発症することが多いため、一般的には、四十肩・五十肩と言われます。特徴として、腕を上げる動作や、後ろに回す動作によって、痛みが増し、肩関節の可動域が狭くなります。

 

ハッキリとした発症原因は、明確になっていません。ただ、炎症を起こす原因としては、肩関節にかかる負担の蓄積と考えられます。

 

炎症が治まれば痛みも改善されるため、「動かさなければ治った」なんて思う方がいるかもしれませんが、それは痛みが治まっただけで、治ったとは言えません。

安静にすることで痛みが治まっても、肩関節の可動域は狭くなります

 

四十肩・五十肩の改善は、痛みの改善とともに、肩関節周辺の筋肉や靭帯などの働きを整えていく必要があります。

 

 

30代でも四十肩?

四十肩・五十肩は、40代や50代の方の発症率が高いので、そう呼ばれているだけであって、20代でも30代でも発症する例はあります。

発症しない方もいますので、加齢だけが原因ではないと言えます。肩関節にかかる負担が大きければ、炎症を起こしやすくなると考えられます。

 

負担が増える原因・・可動域に問題があると言えます。関節を動かす筋肉や靭帯の働きが悪くなれば、肩関節にかかる負担も増えます。となれば、適度な運動やストレッチで、肩周辺の筋肉を柔軟にして、可動域を広くしていけば、肩関節にかかる負担も軽減されて、四十肩・五十肩の予防に繋がっていくと言えます。

 

 

四十肩・五十肩は、カラダの歪みと関係する?

カラダに歪みがあれば、それを支える周囲の筋肉はバランスを崩し、正しい働きが出来なくなります。歪みを支えることで、筋肉にかかる負担が増えれば、当然、筋肉は緊張状態となり血行不良を起こします。

 

血行が悪くなれば、筋組織に十分な酸素が供給されないため、筋肉は硬くなっていきます。結果、カラダの動きが悪くなるので、筋肉・靭帯・関節に余分な負担が増えることになります。

となれば、四十肩・五十肩などを起こしやすくなると言えます。