40肩、50肩│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

腕が思うように上がらない・・これって四十肩(五十肩)??

腕を動かそうとしたら、突然、肩に痛みが・・

40になっていないから、ただの肩コリ?なんて思ってはいけません。四十代・五十代で発症しやすいから、そう言われるだけ・・早ければ、20代で発症することもあります。

正式には、「肩関節周囲炎」という疾患群です。

特徴としては、腕を上げる・腕を後ろに回すなどの動作がしづらくなります。

加齢だけが原因ではないので、「若いから大丈夫」とは言い切れません。

 

 

四十肩・五十肩は、どうして起こるのか・・

一般的に、四十肩・五十肩と言われる「肩関節周炎」の発症原因は、医学的には明らかになっていません。ただ、症状の原因は、肩関節の周りに炎症を起こしていると考えられています。

では、炎症を起こす原因を探っていけば、予防・改善に繋がっていくのでは・・

肩の関節を構成する、骨・軟骨・筋肉・靭帯・腱などに大きな負担がかかることで、炎症を起こしてしまうと言えます。

 

これらは、加齢とともに老化していきますので、当然、動きが悪くなり、可動域も狭くなってしまいます。

老化を防ぐことは出来ませんが、発症年齢が異なる、または発症しない方がいるということは、老化を遅らせることは出来るのではないでしょうか・・。

そう考えれば、予防・改善は出来ます。

 

肩関節周囲の筋肉や靭帯の働きをよくすれば、肩関節の可動域も広がっていきます。

となれば、適度な運動やストレッチや、姿勢の改善で、硬くなっている筋肉を柔軟にする必要があります。筋肉が柔軟になれば、血行の促進にも繋がるため、カラダを回復させる力が強くなります。

 

ただ、炎症が起きている場合は、無理に動かすと、筋肉が過緊張を起こしてしまい、症状が悪化することもあるので、医師と相談しながら治療をしていきましょう

 

四十肩・五十肩は、肩こりと違う

肩に症状があるからといっても、「四十肩・五十肩」「肩コリ」とは違います。

 

肩コリは、首や肩の筋肉の疲労と血行不良が原因と言われています。

四十肩・五十肩の場合は、筋肉や腱などの炎症となります。

 

筋肉のコリや痛みは、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することで改善されますが、炎症が起きている場合は、無理に動かすと痛みが悪化することになります。

痛みの原因が違えば、治療法も異なるため、注意が必要です。

また、肩の痛みは、内科的疾患が原因で起こる場合もあるため、自分で判断せずに、病院でキチンと診察を受けるようにしましょう。