岐阜市骨盤矯正専門整体院│頚椎症

 

頚椎症性神経根症と頚椎症性脊髄症の違い

頚椎症とは、頚椎の椎骨や椎間板などの老化変性によって、頚部の痛みやコリ、神経症状などを起こす疾患で、頚椎の変形性関節症です。頚椎症によって、頚椎の神経根が障害を受けている「頚椎症性神経根症」と、脊髄が障害を受けている「頚椎症性脊髄症」に分けられ、それぞれに症状が異なり、治療方法も異なります。

 

私たちの脊椎(背骨)には、脊柱管という神経のトンネルのようなものがあります。

脊柱管の中には、脳から下方へ伸びる脊髄神経が通っていて、脊髄が枝分かれして各椎骨から飛び出し、全身へ伸びています。

脊髄が枝分かれしたばかりの神経を「神経根」といい、頚椎の神経根は、肩や腕・手先に伸びています。

 

 

頚椎症性神経根症の症状

頚椎の神経根が圧迫や刺激を受けている状態で、障害を受けている神経根が支配する場所に症状が現れます。例えば、右側の神経根に障害があれば、肩の痛みやコリとともに、右側の腕や手先の痛みやしびれ、感覚麻痺、筋力低下などの症状が現れます。

 

頚椎症性脊髄症の症状

頚椎の脊髄が障害を受けている状態です。神経根症に現れる症状が、両側・下肢にも現れることになります。手先の細かい作業が困難になる「巧緻運動障害」や、排便・排尿のコントロールが出来なくなる「膀胱直腸障害」、「歩行障害」などの症状が現れることもあります。

 

 

頚椎症の治療法

頚椎症は、頚椎や椎間板の老化変性が原因です。変形を起こした骨や軟骨は、元に戻すことは出来ません。

また、加齢による変性のため、老化を治療することも出来ません。そのため、症状の改善や症状の悪化を防ぐために、「保存療法」を行います。症状の改善がなく、脊髄の障害による進行性の神経障害が見られる場合は、「手術療法」が行われます。

 

脊髄神経の障害が酷い場合は、手術を行っても、元のように動かせること困難となるため、手術を行うタイミングを見極めることが重要となります。

そのため、治療に最も大切なのは、医師との関係です。日常生活においての、症状の現れ方や状態などの自覚症状を、医師に的確に伝え、症状に合わせた治療が必要となります。

 

また、症状の変化や悪化に注意する必要があります。頚椎症は、加齢に伴う骨や軟骨の老化変性が原因ですが、頚椎に負担をかければ、その分、頚椎の老化変性も早くなるため、発症する可能性も高くなります。

 

頚椎症を予防するためには、日常生活を工夫して、頚椎にかかる負担を軽減することが大切です。