40肩、50肩│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

四十肩・五十肩、そのままにしていたらどうなる?

四十肩・五十肩は、自然治癒する・・と思っていませんか?

 

確かに、なんの治療をしなくても、痛みは自然と治まることがあります。

しかし、「痛みが治まったから完治した」と考えるのは間違いです。四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」と言われるもので、名前のとおり、肩関節周辺の骨や軟骨・筋肉や靭帯が炎症を起こしていると考えられています。

 

炎症は、安静にしていれば治まりますので、痛みも当然治まります。しかし、痛みを起こさないように安静にしていれば、その分、肩関節周囲の筋肉は硬くなってしまうため、スムーズに動かすことが出来なくなります。痛みが治まっても、肩関節の可動域は狭くなって、動きが制限されるのならば、これは完治とは言えません。

 

四十肩・五十肩の治療は、痛みの改善とともに、肩周辺の筋肉を柔軟にする必要があります。

 

 

四十肩・五十肩は、予防できる?

加齢とともに、カラダを支えている骨や軟骨、靭帯、筋肉も衰えていきます。

そのため、四十肩・五十肩は予防できないと思うかもしれません。

 

では、発症しない方がいるのは何故でしょうか・・老化は防げませんが、老化を遅らせることは出来ると言えます。肩関節周囲の筋肉や靭帯の働きをよくすれば、肩関節にかかる負担を軽減することになり、老化を遅らせることになるのです。

となれば、適度な運動やストレッチが重要となってきます。

 

 

悪い姿勢は、四十肩・五十肩になりやすい?

腕を動かしたとき、背中の肩甲骨が動くのがわかると思います。

肩甲骨の動きが悪くなれば、肩関節の動きも悪くなります。肩甲骨を支えている筋肉は、背中の筋肉です。

 

長時間のデスクワークなどで、背中を丸めた姿勢を続けていると、背中の筋肉は緩んでしまい、肩甲骨が広がってしまいます。逆に、胸の筋肉は縮こまった状態で硬くなってしまいます。

 

肩関節周辺の筋肉も強ばってしまうため、正常な働きが出来なくなります。筋肉が緊張で強張ると、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が滞ってしまいます。また、筋肉に必要な酸素や栄養が充分に届かなくなると、筋肉に疲労が蓄積され、コリや痛みとなります。

 

筋肉が硬くなれば、可動域も狭くなるため、肩関節にかかる負担が増えることになります。結果、四十肩・五十肩を起こしやすくなると言えます。

 

正しい姿勢をすることで、カラダの筋肉バランスを整えることが出来ます。

そして、血液やリンパ液の流れが良くなれば、柔軟な筋肉を保つことになり、肩関節の可動域も広がることになります。