肩こり│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

マッサージは肩こりを悪化させる?

肩こりをほぐすために、マッサージをやったら、翌日に痛みが悪化してしまった・・なんて経験ありませんか?「揉み返し」なんて言われますが、かなり辛いものです。

全てのマッサージで、痛みが増すという訳ではありませんが、やり方を間違えると「肩を全く動かせない」なんてことにもなります。

「揉み返し」はなかったとしても、一時的な解消で終わってしまうことがほとんどです。コリや痛みを起こしてしまう、根本的な原因を改善しなくては、肩こりの解消にはならないのです。

痛みやコリの原因を理解する必要があります。

 

 

姿勢の悪さによる筋肉の緊張

パソコンやスマホの急激な普及によって、肩コリに悩む方も増加傾向にあります。

原因は、姿勢です。頭を垂らしたうつむき姿勢や、背中を丸めた猫背姿勢を繰り返すことで、頭を支えている首や肩には、大きな負担となります。必要以上に使われる筋肉は、ストレスで緊張し続けることになります。

筋肉の緊張が、コリや痛みを起こす原因となって行くのです。

 

 

カラダの歪みによる筋肉の緊張

偏ったカラダの使い方をしていると、筋肉のバランスが崩れ、カラダに歪みを起こすことになります。

歪みがあると、周囲の筋肉が、さらに偏った働きをすることになり、正しい姿勢を保つことが出来なくなります。

姿勢が悪くなれば、当然、筋肉に余計な負担がかかることになり、筋肉は常に緊張状態となってしまいます。

 

 

筋肉の緊張による、血行不良

筋肉の緊張が続くと、血管やリンパ管を圧迫して流れを悪くします。血液やリンパ液は体内の老廃物を運搬して排出する機能があるため、流れが滞ると、疲労物質や緊張成分も滞ることになります。

また、細胞の回復に必要な酸素や栄養の供給も悪くなるため、筋肉の疲労が蓄積され、筋肉のコリや痛みを起こすことになります。

 

 

マッサージで、肩こりが悪化する原因

コリや痛みを起こしているということは、筋肉は緊張して硬くなっている状態です。

それを無理に伸ばそうとすると、筋肉が傷つかないように、さらに緊張して縮こまります。これにより、筋細胞が急激な酸欠となると、炎症を起こして痛みが増すことになります。

炎症が起きた場合は、冷やして安静にしなくてはいけません。

痛みが落ち着けば、血行を促進するためにも、筋肉を温めてリラックスさせるようにしましょう。

肩こりを解消するには、根本原因となる姿勢の悪さ・カラダの歪みを改善することが大切です。そして、筋肉の緊張をほぐして、血行を促進することで、コリや痛みの改善となります