肩こり│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

肩コリはどうして起こるの?

慢性的な肩こりに悩む方は、少なくありません。

コリや痛みを起こしている原因を理解して、しっかりと改善していきましょう。

 

筋肉の緊張とは?

筋肉は、何もしていない状態でも、骨格を支えるために、常に僅かに緊張をしています。

通常、筋肉の収縮によって、老廃物や緊張成分は滞ることなく、正常に排出されていきます。しかし、筋肉を筋力以上に動かすと、排出が間に合わなくなりますし、逆に、動かさなければ排出が出来なくなり、緊張成分が滞ることになります。

となると、生理的な緊張以上の緊張をすることになります。これが、一般的に「筋肉の緊張」と言われるものです。

 

 

血行不良が筋肉を硬くする

柔軟な筋肉の場合は、血液は正常に流れていきますが、筋肉が緊張状態にあると、血管やリンパ管の通り道が狭くなり、血行不良を起こします。血行が悪くなると、新鮮な酸素や栄養を供給することが出来なくなるため、筋肉の回復が遅くなり、働きが悪くなります。

 

筋肉の働きが悪くなれば、疲労物質や緊張成分が滞り、筋肉は硬くなっていきます。さらに血行が悪くなり、コリや痛みを起こすことになります。

 

 

姿勢の悪さとカラダの歪み

良くない姿勢を続けることで、特定の筋肉を使い続けることになります。となれば、筋肉は緊張状態となり、強ばっていきます。

使われ続けて緊張した筋肉と、あまり使われずに衰えた筋肉に分かれてしまい、骨格を支える力が偏ってしまいます。

となると、カラダの歪みを起こすことになります。歪みが生じれば、さらに筋肉の偏りが大きくなり、姿勢が保てなくなる・・といった悪循環となります。

 

肩コリは、マッサージでは改善出来ない

筋肉のコリや痛みは、筋肉の緊張によるものです。硬くなった筋肉をほぐして、血行を促進すれば言い訳ですから、マッサージで改善すればいい・・と思うかもしれません。

 

しかし、緊張を起こす根本的な原因を改善しなくては、コリや痛みは繰り返し起こります。

 

筋肉の緊張をほぐすには、筋肉を正しく使い、柔軟に保つことが大切です。

 

となれば、姿勢の改善・カラダの歪みの改善を行うことが重要と言えます。

これらを改善することで、筋肉が正常な働きをすれば、血行を促進して、緊張成分を排出することが出来ます。

 

また、血行不良が改善されれば、カラダの各機能の働きを促進することにもなるため、肩コリだけでなく、頭痛・めまい・冷え性・むくみなど、様々な不調の改善に繋がっていきます。