自律神経失調症│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

自律神経は、どんな仕組みになっているの??

カラダが受けた情報を中枢神経(脳や脊髄)へ伝達し、中枢神経からの指令をカラダに伝達するといった、情報伝達をしているのが「抹消神経」です。

末梢神経には、痛みや暑さなどを感じる感覚神経・カラダを動かす運動神経など、自分の意思でコントロール出来る「体性神経」と、心臓や内臓を動かす・体温調節・ホルモンの分泌など、自分の意思と関係なく自動的に働く「自律神経」があります。

自律神経は、活動の神経と言われる「交感神経」と休息の神経と言われる「副交感神経」があり、この2つ神経が必要に応じてバランスよく働くことで、心身の安定を保ち、健康を維持することが出来ています。

 

 

自律神経失調症とは、どういう状態?

自律神経は、活動や緊張時・昼間に活発に働く「交感神経」と、安静・睡眠時・夜に活発に働く「副交感神経」があります。

例えば、夜は副交感神経が優位に働くため、心臓の拍動がゆっくりとなり血管を拡張して、カラダをリラックスさせてゆっくりと眠ることが出来ています。しかし、交感神経が優位に働いてしまうと、カラダは興奮状態となり、リラックスすることが出来なくなります。

 

交感神経が働かないといけない時に、副交感神経が活発に働いいたり、逆に、副交感神経が働くべき時に、交感神経が働いてしまうことを「自律神経の乱れ」といい、この状態が続くことを「自律神経失調症」といいます。

自律神経が乱れることで、心身のバランスが崩れてしまい、様々な不調を引き起こしていくことになります。

 

 

自律神経とストレスは、どう関係しているの?

自律神経が乱れる「自律神経失調症」の原因の1つとして、大きなストレスが上げられます。では、どうしてストレスが自律神経の乱れとなるのでしょうか・・?

自律神経は、活動の神経と言われる「交感神経」と安静の神経と言われる「副交感神経」があります。

この2つの神経のバランスが崩れると、循環器・消化器・呼吸器などの活動の調節が出来なくなるため、様々な不調を引き起こすことになります。

交感神経は、闘争・逃走の神経とも言われる神経で、危機を感じると、交感神経が過剰に働き、カラダが戦う状態・逃げる状態になるのです。

 

私たちにとってストレスは、苦悩や苦痛=危機と感じるため、交感神経が過剰に働くことになります。ストレスによって交感神経が過剰に働くと、逆に、副交感神経が働かなくなってしまうため、神経バランスが崩れて自律神経の乱れを起こすことになります。自律神経の乱れが続くと「自律神経失調症」になってしまうという訳です。