頭痛│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

慢性の頭痛で最も多いとされるのは、緊張型頭痛です。

頭の周りを、何かで締め付けられるような痛みを起こす「緊張型頭痛」

慢性の頭痛で、一番多いと言われているものです。

肩コリ首コリを伴っていることが多く、頭全体・後頭部・首筋などに痛みを感じます。

動くことで、痛みは軽減されるため、仕事や家事などにあまり支障はありません。

たまに発症していた頭痛が、頻繁に発症して、結果、慢性化することが多いため、症状の悪化を防ぎ、適切な治療を行っていくことが大切です。

 

緊張型頭痛の原因

大きな原因は、首・肩・背中の「筋肉の緊張」で起こると言われています

身体的ストレスや精神的ストレスによって、筋肉の緊張を起こすことになります。

例えば、長時間のデスクワークやスマホを扱う姿勢など、不自然な姿勢を続けることで、首や肩、背中の筋肉に大きな負担がかかります。

負担が続くことで、筋肉はストレスで緊張することになります。筋肉の緊張が続くと、血管やリンパ管を圧迫することになるため、筋肉はさらに硬くなっていきます。

筋肉に老廃物が蓄積されると、周囲の神経を刺激することになるため、筋肉の痛みやコリとともに、頭痛を起こすことになります。また、精神的ストレスは、筋肉の緊張と関係なく頭痛を起こすこともあります。

ストレスによって、神経の緊張が続くと、脳にある痛みのコントロール機能の働きが悪くなり、頭痛を起こすことになります。

 

慢性緊張型頭痛は、鎮痛剤が効かない!?

たまに起こる頭痛であれば、鎮痛剤を服用することで、痛みの軽減となります。

ただ、慢性化してしまった場合は、効果があまりないと言われています。

緊張型頭痛の原因は、筋肉や神経の緊張よるものなどで、薬では、一時的な改善にしかなりません。

痛みが治まらないからといって、むやみに飲み続けると、薬物乱用頭痛を起こすことがあるので、注意しましょう。筋肉の緊張をほぐして、カラダをリラックスさせることが、大切です。

 

 

筋肉の緊張は、カラダの歪みに関係している

良くない姿勢をすることで、特定の筋肉ばかりを使うことになります。

あまり使わない筋肉は緩んで衰えるため、筋肉バランスを崩してしまいます。

となると、骨格を正しく支えらず、

 

カラダの歪みを起こすことになります。歪みがあると、さらに姿勢が悪くなる・・といった悪循環になります。この悪循環を断ち切るには、カラダの歪みを改善する必要があります。

 

歪みを改善することで、筋肉バランスが整うため、血行の促進となり、筋肉の緊張をほぐしましょう。

歪みの改善とともに、姿勢を正しくする心がけも必要です。カラダを正しく整えることが、慢性的な頭痛の改善につながっていきます。